>

神戸学院大学

薬学部

薬学部の大学―医療連携特別講義で神戸市立医療センター中央病院の医師と薬剤師から最前線の医療を学びました

2022/09/15

4回にわたり実施された大学ー医療連携特別講義の最終回、がん治療で薬剤師が果たす役割の説明(左は橋田教授)
4回にわたり実施された大学ー医療連携特別講義の最終回、がん治療で薬剤師が果たす役割の説明(左は橋田教授)

薬学部の5年次生を対象にした大学―医療連携特別講義が8月8、9両日開かれました。循環器(第2回)、救急(第3回)、がん(第4回)のテーマで、連携協定を結んでいる神戸市立医療センター中央病院の担当医師と薬剤師を毎回講師に招き、医療現場での業務と多職種連携の実践について語ってもらいました。

5月に実施した第1回の「栄養管理」の特別講義(こちら)に続き、4回の前期集中講義が終了しました。医師、看護師、薬剤師など異なる専門職が患者の治療のため連携するチーム医療の大切さを現場の医師や薬剤師の話から学び、薬剤の適切な投与、投薬指導などに関わる薬剤師の果たす役割の大きさを実感することができました。

講義の後は橋田亨教授を司会に医師と薬剤師に登壇してもらい、学生からの質問に答えていただきました。実習で学んだ経験に基づく専門的な問題から、ワークライフバランスに関わる生活面での心配まで、活発な質問が相次ぎました。

第2回「循環器」の記事はこちら
第3回「救急」の記事はこちら
第4回「がん」の記事はこちら