神戸学院大学

教職教育センター

トピックス&ニュースリリース

All NEWS

教職教育センターは、教職課程及び博物館学芸員課程の教育の質の向上を目的として、2013年4月に設立されました。

教職教育サポート室について

設立の経緯

教職課程及び博物館学芸員課程の教育の質の向上を目的として、教職教育センターが2013年4月に設立されました。このうち、教職課程の教育の質の向上の手始めとして、元現職の教員が教職課程を履修する学生をサポートする「教職教育サポート室」を、2013年10月に設置しました。

サポート体制

[ポートアイランド第2キャンパス] 1号館1階
時間 月~金曜日 10:00~17:30(11:45~12:45を除く)
※金曜日のみ12:30~17:00
[有瀬キャンパス] 6号館5階
時間 月~金曜日 10:00~17:30(11:45~12:45を除く)
  • 日替わりで、小・中学校や高等学校で実際に教鞭をとっていた経験のある実務家教員がサポートを担当します。
  • 教員採用試験や教員養成に関する書籍も充実しています。

教育現場に立ち続けたベテラン教師による細やかなサポート

勉強の方法から進路の悩みまで、教職を知るプロが相談に対応

教職教育サポートがはじまったきっかけは、国家的に進められている「良い人を育てるためには、まず良い指導者を養成すること」という指針から。約1,000人の学生が教職を志す本学では、一人ひとりにどれだけ行き届いた資格サポートができるかが課題でした。以前は教職課程や、教科担当の教員が相談に乗っていたものの、他の授業との兼ね合いもあり、どうしても四六時中相談できる環境ではありませんでした。

そこで2013年10月に開設した教職教育サポート室では、小・中学校や高等学校で実際に教鞭をとっていた経験のある実務家教員が毎日日替わりでサポートを担当。

さらに、英語や国語など、多様な教員をスタッフとして起用し、学生たちのニーズにできるだけ応えられるようにしました。学生が抱く問題を実務家教員が一緒になって考え解決へ導く。本学はこの制度を受けることができる、関西でも数少ない大学です。

今後はさらに関連書籍や機材を充実させ、教員を目指す学生の教職課程教育の充実と地域教育への貢献を図りたいと考えています。

教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組

教職課程及び博物館学芸員課程の教育の質の向上を目的として、2013年4月に教職教育センターを開設しました。本センターでは、教員の養成に係る教育の質の向上を目的として、次の2つの取組を行っています。
第1は、教職を志望する学生の実践的スキルのサポートです。具体的には、両キャンパスで「教職教育サポート室」を開設。日替わりで小・中学校や高等学校で実際に教鞭をとっていた教員が学生の相談に対応し、教員採用試験対策の指導を行っています。図書・雑誌やパソコンなど、学生が自由に使える設備も揃っています。また、「教員採用試験対策講座」や「基礎学力講座」、「模擬授業講習会」等、教員採用試験合格のための取組も複数実施しています。
第2は、教職課程や博物館学芸員課程の教育研究活動の支援です。そのために、実践的・理論的な研究活動の成果として、研究紀要「教職教育センタージャーナル」を年一回発行し、非常勤講師も含めた教員の研究論文を蓄積し、教員教育の質の向上を図っています。

教職教育センタージャーナルはこちら

教職教育センター広報誌