神戸学院大学

大学紹介

学長からのメッセージ

神戸学院大学学長 中村 恵

文理融合型総合大学の特徴を生かして
-幅広い専門・教養教育の展開と研究・社会貢献の深化を目指して-

1966年「真理愛好・個性尊重」を建学の精神に掲げて設立された神戸学院大学は、半世紀余りを経た現在では、タイプの異なる複数のキャンパス、10学部・8大学院研究科、11,000人余りの学生数を擁する神戸市内で最大規模の文理融合型私立総合大学へと発展してきました。卒業生・修了生は9万人余りにのぼり、産業界、国や自治体などの公共サービス分野、NPO・NGO、教育界など多様な分野で活躍しています。

この2年間余り、未曽有の災害ともいえるコロナ禍において、遠隔授業等への対応を含むキャンパス運営、そして学生の日々の生活を考えるにあたり、大変大きな困難に直面してきました。しかし、その中にあって、私たちは「知恵」や「工夫」をこらしながら果たすべき教育を実践し、学生の「夢」や目標との出会いとその実現、達成のためにさまざまな支援を行うという大学の使命を遂行してまいりました。

神戸学院大学は、この経験を生かしながら、さらなる「知恵」と「工夫」を開拓、駆使して、少子・高齢化、DX(デジタル・トランスフォーメーション)、求められる専門知の統合等、変化していく社会ニーズにしっかりと対応し続けます。兵庫・神戸を代表する大学として、社会の課題解決に資する幅広い人材の養成とともに、研究、社会貢献のさらなるレベルアップも推進していく所存です。今後ともご理解とご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

2022年4月1日
神戸学院大学 学長
中村 恵