神戸学院大学

現代社会学部

トピックス&ニュースリリース

All NEWS

広い視野と実践力を武器に、
社会の課題を解決する

学部長からのメッセージ

学部長 中村 恵 教授
学部長
中村 恵

人間は社会の中で生きています。社会で「生きる」には、経済、法律、行政などの枠組やルールが必要です。しかし、その中にあっても、私たちはさまざまなものを創造します。文化や伝統、流行や慣習などです。いわば社会は、時間と空間というキャンバスにさまざまな構成物、創造物で描かれているモザイク画にも例えることができます。

社会がモザイク画ならば、その理解やそこで起きる問題解決には、さまざまな分野の知恵を必要とします。今まで社会の理解や問題解決のために、専門的な学問が深化、発展してきました。しかし、これからの社会で求められるのは、発展してきた個々の専門領域をむしろ横断的に統合あるいは融合させていくことです。

私たちの現代社会学部では、現代社会の構造や課題について、社会学、経済学、経営学、政治学、行政学など学際的に学ぶと同時に、キャンパスの外にある「現場」の声にも耳を傾けながら、問題解決を考える学びに力点をおいています。

学問は「現場」と離れて存在しません。私たちの教育の大きな特徴は、キャンパスでの学際的な学びと並行して、学外に飛び出し「現場」に接する学びを実践することにあります。現代社会学部で一緒に、未来の学びのあり方を体験してください。

現代社会学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(6) 現代社会学部の目的は、グローバルな視野と社会貢献マインドの育成を図りながら、理論と実践双方で得られた智慧を地域の中で応用・展開できる人材の育成を目指すこととし、学科ごとの目的については次のとおりとする。

ア 現代社会学科の目的は、地域社会のありようを、学際的アプローチを通じて多面的総合的に把握し、分析できる人材の育成を目指すこととする。

イ 社会防災学科の目的は、社会に貢献するマインドと能力を持った人材及び防災と社会貢献に関する専門的知識を身につけた人材の育成を目指すこととする。

現代社会学科の教育目標・方針

現代社会学部の教員と研究テーマ

現代社会学部 関連情報