神戸学院大学

総合リハビリテーション学部

人の身体・心・生活を支える
リハビリテーションのプロへ

学部長からのメッセージ

学部長 阪田 憲二郎 教授
学部長
阪田 憲二郎 教授

「からだ」・「せいかつ」・「しゃかい」を支える専門職

東京オリンピック・パラリンピックを来年にひかえ、テレビでは障がいを持った選手たちの映像が流れています。パラリンピックを通じてより多くの人々に障がい者への理解が深まり、人にやさしいまちづくりへと広がることを期待しています。リハビリテーションを必要とする人にとって、福祉用具の開発や社会福祉の制度が整備されても、それを最大限に活用するためには、リハビリテーションや社会福祉の専門性を身に付けた人(専門職)が必要となります。

総合リハビリテーション学部では、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士を養成し、これらの資格を得るための国家試験受験資格を取得することができます。さらに社会リハビリテーション学科では2年次後期から生活福祉デザインコースを選択することにより社会福祉の基礎知識をもって一般企業などで活躍できる人材育成を行っています。最先端の設備や機器を活用して、専門性の基礎から実践レベルの内容までを学びます。また大学のカリキュラムとして薬学部・栄養学部・心理学部の学生と共に他領域の専門職とのチームアプローチを学ぶ多職種連携教育(IPE)も行われています。さらに深く学ぶために、大学院修士課程と博士後期課程を設置し、高度専門職および研究・教育者の養成を行っています。

リハビリテーションを必要とする人の「からだ」・「せいかつ」・「しゃかい」の側面から総合的な視点をもって支援ができる専門職として、また福祉を学んだ企業人として、さらに人にかかわり社会での活躍を考えている皆さんを心から歓迎いたします。

総合リハビリテーション学部 学科構成

  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 社会リハビリテーション学科

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(8) 総合リハビリテーション学部の目的は、理学療法士、作業療法士、社会福祉士及び精神保健福祉士の資格取得を基本としながら、活動制限や参加制約のある人々の生活機能の維持回復を目指すため、専門知識及び技術を修得し、広く社会に貢献する人材を養成することとし、学科ごとの目的については次のとおりとする。
ア 理学療法学科の目的は、医療及び社会の要請により理学療法の対象範囲が拡大しているなか、疾病又は障害を有する人の機能障害・活動制限・社会参加制約の改善に加えて、健康の維持・増進から在宅生活支援までを含む、多様な対応を担うことができる理学療法士を養成することとする。
イ 作業療法学科の目的は、医療及び社会の要請により作業療法の対象範囲が拡大しているなか、身体機能・精神機能の回復、社会適応能力・対人関係能力の改善、発達機能の向上等、作業療法の多様な対応を担うことができる作業療法士を養成することとする。
ウ 社会リハビリテーション学科の目的は、社会福祉士及び精神保健福祉士の資格取得を基本とし、人と生活環境に関わる上での前提となる価値及び倫理の基盤に立ち、現状を把握し、将来への展望を持つた社会福祉実践に必要な専門知識及び技術を修得した人材を養成することとする。

総合リハビリテーション学部の教育目標・方針

総合リハビリテーション学部 人を対象とする研究倫理審査委員会情報公開

総合リハビリテーション学部の教員と研究テーマ

総合リハビリテーション学部 関連情報