神戸学院大学

人文学部

興味を突き詰め、
さまざまな視点を養う

学部長からのメッセージ

学部長 野田 春美 教授
学部長
野田 春美 教授

「人文学部って何?」―よくある質問です。文学、哲学、教育学、社会学、歴史学など学問分野が多岐にわたり、つかみどころがないように感じられるかもしれません。しかし、人文学が対象とする分野が幅広いのは、当然のことです。それは、私たち人間、そして人間の営みが、多種多様な要因に関わる複雑なものだからです。

人文学は、人間、そして人間が生み出すあらゆる文化を対象とします。人はスマホを片手に家にこもっていたとしても、環境、歴史、社会、言語などと無縁ではありません。さらに、文学や芸術を生み出す力や味わう感性をもつことも、豊かに生きていくためには欠かせません。人文学部では、そういった幅広い分野の学修を、アクティブ・ラーニングも活かしながら積み重ね、人間や世界に関する見識を深めます。卒業研究を通じて、真理を探究し表現する力も身につけます。

受験生のみなさん、在学生のみなさんへ。自分が複雑であるのと同じように、他人も世界も複雑であり多様です。自分の目の前にあること、思いつくことだけで生きていくと、行き詰まってしまいます。人文学部で多角的な視点を学び、生きていくための、そしてよりよい社会を築いていくための、しなやかな強さを身につけてください。

保護者のみなさま、企業・一般のみなさまへ。ネット時代、AI時代などと言われる現代だからこそ、安易な検索で得られる表面的な知識ではなく、教養に基づいて自ら思索できる力が大切です。人文学部では、そういった力をもつ人材の育成に努めています。

人文学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(4) 人文学部人文学科の目的は、人間の行動及びその文化所産の有機的関連を学際的に学ぶことにより、幅広い知識及び教養を身につけ、現代社会の変化に対応できる人材の育成を目指すこととする。

人文学科の教育目標・方針

人文学部の教員と研究テーマ

人文学部 関連情報