神戸学院大学

経営学部

具体的な事例を通じて
企業経営について理解を深める

学部長からのメッセージ

学部長 松田 裕之 教授
学部長
松田 裕之 教授

経営学部は「経営・商学」・「会計」・「経営情報科学」の3コースを設け、企業経営や組織運営に必要な知識や技能を自由に幅広く習得する機会を提供しています。

AI(人工知能)に象徴される高度情報時代に対応すべく、1年次からコンピュータの円滑な操作と活用をめざしたICT(情報通信技術)教育にも注力しています。企業財務・会計専門職を志す学生には、実務経験豊富な教員スタッフが資格取得をめざした実践的な指導も行います。同時に、グローバル化の進展も睨んで、日常生活だけでなくビジネスシーンも射程に入れた語学教育にも熱心に取り組んできました。

こうしたカリキュラムで蓄えた力を社会に役立てられるように、1年次からキャリア・トレーニング科目を開講しています。特に最近の本学部の教育内容の大きな特徴として、企業の協力を仰ぎながら様々なプロジェクトやイベントの企画・実施を体験できるアクティブ・ラーニングも積極的に取り入れています。

以上のような時宜に適った実践的教育によって、学生諸君には激動する時代にも臆することなく立ち向かう自由闊達な気概と幸福に生きる力を養って欲しいと願っています。

経営学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(3) 経営学部経営学科の目的は、現代社会における経営の仕組み及び行動について体系的に学び、具体的には経営・商学分野、会計分野及び経営情報科学分野の基本的な学修を通し、現代社会で活躍しうる人材を育成することとする。

経営学部の教育目標・方針

経営学部の教員と研究テーマ

経営学部 関連情報