神戸学院大学

内定者からのメッセージ

キャリアアップのためにどのように学生生活を過ごし、
どのような就職活動を行って内定を勝ち取り、
そして、現在の自分があるのか。

そのリアルな体験談を、先輩に語ってもらいました。

Students Voice

VOL1

家本 綾

栄養学部 栄養学科

家本 綾

POINT
明確な将来の目標
学内外での経験で、
将来の目標ができました

VOL2

迫田 和仁

人文学部 人間心理学科

迫田 和仁

POINT
正直な熱意と対策
「絶対この会社に入る」
その熱意で就活を乗り越えました

VOL3

長澤 大空

薬学部 薬学科

長澤 大空

POINT
学習し修正する態度
失敗しても修正することで、
希望の職種・企業に内定

VOL4

濱野 七津未

経営学部 経営学科

濱野 七津未

POINT
万全の準備と実行
事前に予定を立て、
実行することで内定を獲得

VOL5

宇戸 遥香

経営学部 経営学科

宇戸 遥香

POINT
行動的な学生生活
充実した学生生活を送り、
適切な対策を講じれば心配なし

VOL6

萩原 悠太

経済学部 経済学科

萩原 悠太

POINT
志望動機の明確さ
学内での貴重な経験が、
将来の夢に結びつきました。

VOL7

田中 一成

法学部 法律学科
スポーツマネジメントユニット

田中 一成

POINT
体育会系の実行力
あえて厳しい環境に身を置き、
チャレンジする姿勢が大事

VOL8

砂田 笑

薬学部 薬学科

砂田 笑

POINT
周囲との結びつき
人との絆で、MR職を志望し
夢を叶えることができました

VOL9

橘 幸希

人文学部 人間心理学科

橘 幸希

POINT
学内外での密な交流
人と関わり人を幸せに
したいと思えた、学生時代の経験

VOL10

田中 光太郎

経営学部 経営学科

田中 光太郎

POINT
大学での明確な目標設定
目標を決めて“攻める”学生生活を
全うし、新たな挑戦の場へ

VOL11

廣田 有美

法学部 法律学科

廣田 有美

POINT
柔軟な思考と客観性
柔軟性を身につけ、
“結果を出す”ことができました

VOL12

栗川 葵

総合リハビリテーション学部
社会リハビリテーション学科

栗川 葵

POINT
実習先での貴重な経験
実習の有意義な経験から、
将来の進路を決めました

VOL13

石井 大樹

総合リハビリテーション学部
医療リハビリテーション学科
作業療法学専攻

石井 大樹

POINT
失敗を成功につなげる
作業療法士として、幅を広げる
ことができた4年間でした

VOL14

池田 陽祐

総合リハビリテーション学部
医療リハビリテーション学科
理学療法学専攻

池田 陽祐

POINT
地道な学習と行動力
「患者さん最優先」理学療法士
としての姿勢を学びました

  • スポーツマネジメントユニットは2016年4月よりスポーツサイエンス・ユニットへ改編しました
  • 防災・社会貢献ユニットは2014年4月より現代社会学部社会防災学科としてスタートしました
  • 医療リハビリテーション学部 理学療法学専攻、作業療法学専攻は2015年4月に理学療法学科、作業療法学科へ改組