神戸学院大学

社会連携

コープこうべ機関誌「きょうどう」に栄養学部 伊藤智助教監修・防災女子考案レシピが掲載されました

2021/01/14

レシピを考案した防災女子の学生たち
レシピを考案した防災女子の学生たち
店頭配布の様子
店頭配布の様子
掲載号表紙
掲載号表紙

生活協同組合コープこうべが発行する機関誌「きょうどう」2021年1月号に、現代社会学部社会防災学科生の女子学生が中心となって活動している「防災女子」が考案した、災害時にも役立つポリ袋調理のレシピが掲載されました。災害時は、食材の確保が難しいだけでなく、調理に必要な道具の使用が限られることがあります。そのような時に、ポリ袋ひとつに材料を入れ、加熱する「ポリ袋調理」は、ひとつの鍋を使って複数の調理が同時にできるので、個々に合わせた対応も可能。また、調理器具も少なく節水や効率的な熱源(カセットコンロなど)使用ができるため、調理のポイントをしっかりと押えておくと災害時になどにも活用ができます。機関誌「きょうどう」は、コープこうべの店頭での配布のほか、公式HPからも配信されていますので、ぜひご覧ください。

<生活協同組合コープこうべ 公式HP>
https://www.kobe.coop.or.jp/media/index.php
※同サイトでは、2019年度に実施した栄養学部の伊藤智助教監修によるコープこうべとの連携企画「BOSAIキッチン」で作成した「BOSAIレシピブック」も配信されていますので合わせてご覧ください。
(当日の様子: https://www.kobegakuin.ac.jp/social_contribution/news/6c5b920f476775c782d0.html