神戸学院大学

社会連携

グローバル・コミュニケーション学部の森下准教授とゼミ生が英語でハーバリウム作りを実施

2020/01/20

 グローバル・コミュニケーション学部の森下美和准教授とゼミ生(2年次生)10人が18日、かりばプラザ集会所(神戸市西区)でワークショップ「ハーバリウムづくり教室 in English!」を行いました。このワークショップは、西区役所とNPO法人コミュニティかりばが、小学生を対象に多様な学習機会の提供している事業「D-learning in かりばキャンパス」の一環で実施しました。
 参加した小学生らは、最初から最後まですべて英語で行われた森下准教授の説明を聞きながら、ハーバリウム作りを実施。難しい英語はゼミ生が簡単な英語や日本語を交えながら作り方を教え、最初は難しい顔をしていたこどもたちも、後半は緊張がとれて自ら英語を話したり、学生に質問したりするなど賑やかに笑顔で作っていました。
 当日の様子は、取材も行われ、1月20日に放送されるJ:com「デイリーニュース」で午後5時から放送されます。番組の詳細はこちら