神戸学院大学

社会連携

経済学部の井上ゼミ生が枝吉小学校で授業を行いました

2019/11/28

授業を行う井上教授
授業を行う井上教授
学生が説明しました
学生が説明しました
全員で記念撮影
全員で記念撮影

 経済学部の井上義博教授とゼミ生が11月22日、「連携協力協定」を結ぶ枝吉小学校(神戸市西区)で、「社長になって会社を経営してみよう!」をテーマに2回目の合同授業を実施。本学と同小学校は今年5月、互いに学び合える場をつくり地域教育力の向上を目的に連携協定を締結しました。
 小学5年生に、会社の損失や利益について算数を用いて考える授業を行いました。授業では少人数のグループに分かれ、各グループでサポート役の学生が、聞きなれない専門用語をわかりやすく説明。小学生も積極的に学生に質問し、笑顔で授業が行われました。小学生には少し難しい内容でしたが、一緒に楽しく考えることで経営への理解が深まったようでした。