神戸学院大学

社会連携

リーディング・シアター中国現代劇『わが家の客(原題・「家客」)』が行われました

2020/01/06

 有瀬キャンパスメモリアルホールで12月24日、リーディング・シアター中国現代劇『わが家の客(原題・「家客」)』が行われました。リーディング公演とは、読むことと演ずることを融合させた朗読を超える新しいスタイルで、完全な舞台ではなく規模を小さくし、俳優が台本を手にした状態で演劇を進めていく公演形式のことです。普段は見ることのない作品に来場者も興味津々の様子でした。中国の現代が背景で、人生の終わりが近づいた3人の老人が過去を振り返り「もし、あのとき、違う選択をしていたなら」と今とは違う選択した人生を3パターンで演じます。誰もが一度は感じたことのある内容に、来場者も引き込まれていました。
 講演終了後、来場者の方は「難しい内容だったが面白かった」と話していました。