神戸学院大学

社会連携

グローバル・コミュニケーション学部森下ゼミがD-ラーニング「Happy Halloween!」オンラインイベントを開講しました

2020/10/12

 10月10日(土)にD-ラーニング「Happy Halloween!~歴史を学び、ランタンを作ろう~」のオンラインイベントを、グローバルコミュニケーション学部の森下准教授とゼミ生7人が開講しました。
 西区役所とNPO法人コミュニティかりばは「より豊かな教育環境」を創造するために、大学や企業と連携し、多世代・異文化交流を目的とした小学生向けの学びの場として、「D-ラーニング」を開講しています。本学は2019年度から参加し、今回で3度目の開催です。
 今回はコロナ禍のため、D-ラーニングでは初となる、オンラインでの開催となりました。
始めに森下准教授からハロウィンの歴史についてクイズを交えて説明し、その後ブレイクアウトルームに移動して学生と参加者が1対1になってランタン作りを行いました。
 デザインナイフを使って目や口を切り抜く作業が難しそうでしたが、参加した小学生は画面越しに丁寧に教える大学生の話を真剣に聞いて上手にランタンを作っていました。
 最後に自分のランタンを画面越しにお披露目し、みんなで記念撮影を行いました。
 今回使用したペポカボチャは西区の生産者井上さんに丁寧に育てて頂いたものです。西区のカボチャを使用することで、参加者には自分たちが住んでいる地で様々な食べ物が生産されていることも知ってもらうことも出来ました。