神戸学院大学

社会連携

西区ロードレース大会で本学学生が運営を手伝いました

2020/02/21

ボランティアに参加した学生たち
ボランティアに参加した学生たち
笑顔で頑張ります!
笑顔で頑張ります!
雨の中の作業となりました
雨の中の作業となりました
どうぞこちらへ
どうぞこちらへ
ボランティア活動中
ボランティア活動中

 第36回西区ロードレース大会(神戸市西区体育協会・神戸市西区主催)が16日、ユニバ―記念競技場で開催されました。本学から経済学部の印藤波瑠さん(3年次生)、福吉亮斗さん(2年次生)、経営学部の各務智彩さん(3年次生)、グローバル・コミュニケーション学部の清原歩さん、黒川和美さん、シャピール有恵留さん、廣川すずなさん(いずれも1年次生)の7人が完走者誘導や、ICチップ・たすき回収、フィニッシュテープ、入賞者確保などの作業にボランティアで参加し、大会運営に貢献しました。
 大会は親子ペア、ロードレース、駅伝の3種目があり、参加資格は西区にゆかりのある人です。「スポーツを通した地域間・世代間交流」を目指して始まりました。
 当日は寒さの厳しいあいにくの雨模様となりましたが、地域の皆さんの熱い声援や学生たちのサポートもあり、大盛況となりました。今回のボランティア活動を通して学生らは「完走者への声かけのタイミングを見極めるなど、臨機応変な対応に苦労しました、小さいお子さんが一生懸命に走っている姿や応援している姿を見ていると自分も運動をしてみたくなりました」と話していました。