神戸学院大学

社会連携

グリーンフェスティバル 2020 第422回「朗読劇『ペスト』の世界」を開催しました

2020/10/08

10月4日(日)、神戸学院大学有瀬キャンパス メモリアルホールにおいて第422回グリーンフェスティバル「朗読劇による『ペスト』の世界」を開催しました。
この春に開催予定だった春季グリーンフェスティバルは新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、中止としましたが、秋季グリーンフェスティバルは座席の間隔を取り、来場数を制限するなど、万全の感染予防対策を講じての開催となりました。
 今回の作品はフランスの作家アルベール・カミュの代表作の1つ「ペスト」で大阪女優の会の方々による朗読劇です。未知のウイルスと戦い、翻弄される市民を描いた作品で、その姿は、まさに私たちが体験している新型コロナウイルス感染症とリンクしており、いつもより1時間ほど長い公演時間でしたが、来場者の方は最後まで観劇されていました。
 終了後には「見えない敵と戦っていく姿に自分を当てはめて考えた」「以前にも同じようなことが起こっていたと知った」などの感想をいただき、コロナ禍でとても関心が高い作品であることがわかりました。また、毎回楽しみにしているという来場者からは「開催してくれてありがとうございます」「楽しみがなくなっていたので嬉しいです」など開催に対して励ましの言葉をいただきました。
 次回は、10月10日(土)「弁士・伴奏付き無声映画上映会」です。

※なお、12月6日(日)に開催を予定しておりましたグリーンフェスティバル 神戸学院大学管弦楽団 第26回 定期演奏会については、諸般の事情により中止することとなりました。皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、今後もグリーンフェスティバルへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。