神戸学院大学

社会連携

防災女子が岡山県でワークショップを行いました

2020/11/13

ワークショップを行う参加者
ワークショップを行う参加者
ミニトークを行う佐藤さん
ミニトークを行う佐藤さん
防災女子が岡山でワークショップを実施
防災女子が岡山でワークショップを実施
防災女子が中心になって開発したカード教材
防災女子が中心になって開発したカード教材

 市民共同事業として岡山市女性防火クラブと岡山市が主催のイベントに防災女子が特別講師として、「だれでも簡単!美味しい!災害ごはん」と題したワークショップを行いました。
 現代社会学部社会防災学科の女子学生を中心につくる「防災女子」のリーダー、森本澪さん(現代社会学部4年次生)と佐藤菜都さん(同3年次生)が担当しました。
 まず、最初に佐藤さんが「女性目線を活かしたやってみたくなる防災~食料備蓄に関する普及啓発~」と題し、防災女子のこれまでの普及啓発活動の紹介や栄養バランスを考えた食の大切さなどのミニトークを行いました。その後、森本さんにバトンタッチして、「ローリングストックに適した食材」「災害時に役立つ調理法(ひと手間調理)」の紹介を交え、防災女子が中心に開発したカード教材を使用し、ワークショップを行いました。
カード教材に書かれている食材や調理器具等の絵はすべて森本さんがデザインしたものです。カードの裏面には、表に書かれている食材等を色分けし、3色食品群等がすぐにわかるようになっています。家庭にある食材に栄養の偏りがないか、バランスよくストックできているかワークショップを通して学びました。
参加者からは、「ぜひ家で実践してみたい」等の感想がありました。