神戸学院大学

学生生活

障がいのある学生への支援について

神戸学院大学の考え方について

障がいのある学生の支援に関する基本方針

真理を求める人にその道を指し示すことこそ、教育の役割である。すべての人は教育を受ける権利を持ち、望む人に、その機会は平等に与えられなければならない。このことは、障がいがある故に損なわれることがあってはならない。
また、各人それぞれが持つ、人としての個人的性質、即ち個性は、尊重されなければならない。その際、まだ可能性の段階にある潜在する個性も、教育によって伸び広げられ開花し得るものとして捉え、同様に尊重されなければならない。
本学における障がいのある学生への支援は、上記の認識の下に行われるもので、それは「真理愛好・個性尊重」という本学の建学の精神の実践と同義である。それ故に、障がいを理由とした差別が行われることによって、この精神が共有されず、その実現が妨げられることがあってはならない。
以上の決意の下に、障がいのある学生の支援に関する基本方針を以下に定める。

  1. 学生自身の意思及び障がいの個別性を尊重し、それを基礎として、平等に教育を受ける機会を保障する。
  2. 学生生活を通じて、障がいのある学生の自律性・主体性を高め、効果的な社会参加と自立に向けた修学支援を行う。
  3. 教育における多様性を尊重し、すべての学生が共に学び、助け合うことのできる環境づくりを行う。
  4. これらの活動を通じて、大学全体の教育、並びに学生を支援する能力の向上と、それに向けての体制の整備を推進すると共に、学生と教職員への建学の精神の涵養を図る。

支援の内容について

障がいのある学生からの修学上に関わる要望に基づいて、学生支援センターが教務センター、所属学部・研究科など関連部署と連携を取りながら進めていきます。

*高校等までの支援と異なり、大学で提供する支援は、授業等への参加を保障するものです。単位取得や進級、卒業並びに資格取得を保障するものではありません。

相談を希望されるとき

障がい等の理由により、学生生活を送る上で困難なことや、授業等での困りごとに関する相談窓口として、学生支援センターに障がい学生支援コーディネーターを配置しています。ひとりで悩まず、ページ下部の連絡先までお早めにご相談ください。
また、コーディネーターとの相談の上、必要に応じて、修学上の支援(合理的配慮の提供)を要望するために、申請を行うことができます。申請には、原則、学生ご本人による手続きが必要となります。その際には、添付資料(例:障害者手帳の写し・診断書等)の提出をお願いしています。

*教職員の方からのご相談にも対応しています。

支援開始まで

ご要望内容をもとに、学生支援センターが所属学部・研究科をはじめ、教務センター等の関係部署と連携し、合意を得た修学上の支援を実施します。実施にあたっては、科目担当教員および関連部署へ配慮依頼文を配布いたします。その後、所定の手続きを経て支援が実施されます。

*実際に提供される支援内容は、障がいの程度や状況(症状も含む)、所属学部・研究科や履修科目の評価基準等の状況によって異なります。

*相談から実際に支援が提供されるまで、通常1か月~1か月半ほど要します。あらかじめお含みおきください。

支援の例

  • 修学上の相談
  • 授業担当およびゼミ担当教員との連携、授業時における配慮についての伝達
  • ノートテイカー、介助者等の支援者派遣
  • 個人に適した教材の提供
  • 定期試験等での配慮(試験時間の延長、試験問題や解答用紙・方法等の配慮、別室受験など) なお、定期試験等で特別な配慮が必要な場合には、次の定められた期間までに申請が必要です。
    前期定期試験・・・5月11日まで
    後期定期試験・・・10月19日まで
  • キャンパス内移動の支援
  • 通学上の支援(自動車通学の許可など)
障がいの種別では、
  • 視覚障がいのある学生への支援
     授業資料等の点訳、教材(配付資料)の拡大、教室内の座席配慮、試験での支援(試験問題の点訳、解答方法の支援)など
  • 聴覚障がいのある学生への支援
     ノートテイカーの配置(専門家および学生ノートテイカー)、教室内の座席配慮、重要事項に関する文書(板書)伝達、ICレコーダー等の使用、補聴援助システムの持ち込み・使用許可など
  • 肢体不自由がある学生への支援
     教室内の座席配慮、ICレコーダー等の使用、板書撮影の許可、自動車通学と学内駐車場の利用許可、学内移動のサポート、施設の整備(多機能用トイレの拡充、スロープの設置)など
  • 発達障がいのある学生への支援
     授業時における配慮について所属学部の教員に伝達、教室内の座席配慮、ICレコーダー等の使用、板書撮影の許可、定期試験等での配慮など
  • 精神障がいのある学生への支援
     授業時における配慮について所属学部の教員に伝達、教室内の座席配慮などのほか、必要に応じて、専門職員(臨床心理士)によるカウンセリング、また、学校医による専門相談を紹介します
  • 内部障がい(難病・慢性疾患等)・その他の障がいのある学生への支援
     診断書や主治医の指示を参考に、上記の支援内容のほか、医務室等の関係部署と連携した支援を行います

*これらは支援例です。相談に来られた学生さんの意向を伺い、相談の上、個別に対応いたします。

相談・お問い合わせ窓口

  • 支援の相談について 学生支援センター(障がい学生支援コーディネーター)
    【KPC1・2】: A号館1階 Tel 078-974-6073  Mail kpcgg@j.kobegakuin.ac.jp
    【K A C】: 3号館1階 Tel 078-974-2206  Mail gakusei@j.kobegakuin.ac.jp

  • 心、健康面の相談について
     学生相談室、医務室(各キャンパスにあります) Tel 078-974-1551(代)