神戸学院大学

国際交流

アメリカの大学生がポートアイランドキャンパスを訪れました

2018/12/03

 アメリカの大学生28人が3日、ポートアイランドキャンパスを訪れ、グローバル・コミュニケーション学部の中西ゼミ生(1~4年次生)9人と交流をはかりました。このプログラムは世界の11カ国14都市を船で旅しながら各地域の文化を学ぶSemester at Seaプログラムの一環として実施しました。
 プログラム前半は木下紀莉加さん(3年次生)が「カタカナ語」をテーマとしたクイズを出題し、言葉の勘違いによるミスコミュニケーションについて共に考えました。後半のフリーディスカッションでは「文化による対人距離の取り方」が話題となり、異なる文化的背景を持つ学生同士、お互いの距離感覚について理解を深めることができました。
 最後に、神戸のおすすめスポットなどについて話をしながら、キャンパス内を案内しました。