神戸学院大学

国際交流

オーストラリア・ブリスベン市のグラハム・クワーク市長をはじめとする訪問団が来校されました

2016/09/15

グラハム・クワーク市長から名刺をいただき、学生は緊張の面持ち
グラハム・クワーク市長から名刺をいただき、学生は緊張の面持ち
集合写真
集合写真

ブリスベン市のグラハム・クワーク市長をはじめとする訪問団が9月13日、神戸市役所と神戸商工会議所を訪問の後、本学のポートアイランドキャンパスに来校されました。
塩出省吾副学長の歓迎スピーチの後、クワークブリスベン市長より、「学生がたくさん出席していることをうれしく思います。神戸市とは、31年前に提携を結びました。神戸には3回目の訪問です。」と話されました。さらに自然が豊かで多文化で発展したブリスベン市のご紹介がありました。続いて、神戸市とブリスベン市との姉妹都市提携30周年を記念し、平成27年度に創設された『クイーンズランド大学附属英語学校(ICTE-UQ)奨学生派遣事業』について、ICTE-UQのウィルソン氏より研修プログラムのご紹介があり、「文化・生活スタイルについて事前に調べていくとよい。たくさん留学生がいるので、いろんな国の友達ができる。クイーンズランド大学附属英語学校では、VIPとして迎えます。」と話してくださいました。また、昨年度の派遣生からスピーチがありました。
その後、フリーディスカションが行われ、本学学生からの積極的な質問に対して、クワーク市長がにこやかにご返答くださり、終始和やかな雰囲気の中表敬訪問を終えることができました。
この度の来校は、『ICTE-UQ奨学生派遣事業』の2017年度派遣対象大学として、神戸市と包括連携協定を締結している本学がノミネートされたことがきっかけになっています。
出席した学生は、「もっと英語を勉強しなければ。」「ブリスベン市に住みたくなった。」と、留学に意欲を見せていました。