• 検索
  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

WEB出願

MENU

神戸学院の魅力

卒業生から未来へのチャレンジメッセージ

卒業生から未来へのチャレンジメッセージ

 

Challenge Message

気持ちよく働ける職場環境を、すべての人に届けたい

在学中のアルバイトで人材教育の大切さを知り、人的資源管理を研究するゼミを選択。「女性の働き方」など、自分の将来に生きるテーマを通して、知識を深め、やりたいことが明確になりました。これからは、広報企画の仕事に携わるので、新たな社内制度を自ら生み出し、魅力ある職場づくりに貢献したいです。

経営学部 経営学科
大西亜依さん

 

Challenge Message

命を支えるMRとして、信頼の輪を築けるように

「薬学は命に関わる学問」。その重みを感じながら勉強に励みました。MR(医薬情報担当者)として働く今後、薬学の知識と接客のアルバイトで磨かれたコミュニケーション力は確かな支えとなるもの。僕が築く信頼の輪が、健やかな社会につながることを願っています。

薬学部
薬学科
石井崇章さん

 

Challenge Message

磨いたスキルに心を重ねて、医療現場の支えになりたい

私の夢は医療現場で人の役に立つこと。臨床検査と栄養学の両面が学べるこの専攻は理想的な環境で、高い使命感を持って幅広い知識を習得するハードな4年間を乗り切れました。患者さんにも同僚にも寄り添える臨床検査技師を目標に、磨いたスキルに思いやりの心を重ねて成長していきます。

栄養学部 栄養学科※
※2020年4月より「臨床検査学専攻」に名称変更
吉岡冴夏さん

 

Challenge Message

悔いのない未来のために、これからも一生全力!

悔いのない大学生活を送りたいと、学部で芽生えた関心を深め、弓道部での目標も全力で追い続けてきました。何事も強い気持ちで最善を尽くせば、結果はついてくる。念願だったホテルへの就職もそのひとつです。次の目標は早く一人前のホテルマンになること。今後も全力の姿勢は変わりません。

人文学部
人文学科
渡邊 輝さん

 

Challenge Message

私自身が広げた価値観を、支える力につなげたい

人を支援したいなら、まずは自分を知ること。福祉施設の実習で出会ったプロのお話に感銘を受け、自分の行動や発言を見つめる毎日でした。私が志した社会福祉士の仕事は、その言葉が利用者の方の人生に影響する仕事。多くの人とのふれ合いの中で広げた価値観を今後も大切にしていきます。

総合リハビリテーション学部
社会リハビリテーション学科
櫻井夏希さん

 

Challenge Message

支えがあるから頑張れる。絆の大切さを知った4年間

ボランティア活動でリーダーを務めたものの、その責務からひとりで頑張り過ぎてしまうことも…。仲間の意見のおかげでピンチを打開する場面も多く、双方向の理解と支援の重要性を知りました。この経験と法学部で得た多角的な視点を力に、社会で多くの信頼関係を築ければと思っています。

法学部 法律学科
加見圭吾さん

 

Challenge Message

人と人のつながりには、笑顔を生み出す力がある

新しい自分に出合いたいと、コロナ禍の中でオーストラリアへのセメスター留学に挑戦。言葉の壁にぶつかりながらも、学びと工夫を繰り返してつながりを深めていきました。素敵な人たちとの関わりは人生を変えるきっかけになる。出会った人たちを笑顔にできるよう、私はホテル業界に進みます。

グローバル・コミュニケーション学部
グローバル・コミュニケーション学科
石田詩乃さん

 

Challenge Message

お客様それぞれの想いに、応えられる販売員が目標

養父市で町おこしのアイデアを発表したり、丹波篠山で伝統的な祭りに参加したりと、ゼミ活動を通して人や社会の多様性と地域の魅力を知りました。さまざまな考え方を受け入れる視野が生まれた今、就職先の小売業界でも一人一人のニーズに合った接客を心がけたいと思います。

現代社会学部 現代社会学科
井上暁斗さん

 

Challenge Message

“支えられる人”への成長が、社会に対する私の恩返し

在学中の目標は、バレーボール部の活動と学部の学びや社会貢献活動との文武両道でした。地域イベントの裏方を通して、選手目線では見えなかった準備や運営の大切さを知り、充実した日々を支えてくれる人々への有難さを実感。人に温かく寄り添える社会人へ成長することが私の恩返しです。

法学部 法律学科
スポーツサイエンス・ユニット
山本 誉さん

 

Challenge Message

+αの行動力を発揮して、人に寄り添う理学療法士に

理学療法の学びを生かして、学生トレーナー部の活動にも力を注いだ大学生活。神戸マラソンなど数多くのスポーツイベントのサポートに参加できたのは貴重な経験です。多くの人々との関わりの中で磨かれた「+αの行動力」を発揮し、患者さん第一の治療を実践していきます。

総合リハビリテーション学部
理学療法学科
新 拓海さん

 

Challenge Message

毎日を全力で楽しめば、きっと成長が待っている

心理学部の学び、初めての一人暮らし、アルバイトに趣味の韓国旅行と、毎日を全力で楽しんだ4年間でした。「趣味に費やす時間やお金が、いかに充実感をもたらすか?」をテーマにした卒論は、まさに私らしい大学生活の集大成。磨かれた計画性や行動力を社会でも発揮していきます。

心理学部 心理学科
小西 柚さん

 

Challenge Message

臨床の現場で学んだ、未熟な自分と心の大切さ

臨床経験豊富な先生や充実した臨床実習。学科の実践的な環境で作業療法士のやりがいを知るとともに、自分の未熟さも痛感しました。知識と技術があって当然で、その上に信頼を産むコミュニケーションが成り立つ。日々の反省が、理想の作業療法士に向けて努力を続ける原動力でした。

総合リハビリテーション学部 作業療法学科
坂口美沙さん

 

Challenge Message

努力と責任が信用を生む。大学で養われた社会人への自覚

力を注いだ大学祭中央実行委員会では財務に関わる役割を担当し、日々、確実な仕事と情報収集を心掛けました。その意識が学習面にもつながり、「経済学部賞」の2年連続受賞ができたのだと思います。私が進む金融業界でも同じ姿勢で業務に励み、皆さんに信頼していただける職員を目指します。

経済学部 経済学科
竹本朱里さん

 

Challenge Message

防災女子の活動で磨かれた、困難に負けない心の強さ

地域に防災の大切さを伝える「防災女子」でリーダーを務めました。コロナ禍で活動が制限される中、その時々の状況に合わせて臨機応変な運営ができた経験は大きな自信となりました。たとえ社会で困難な状況に陥っても、自分に何が求められているかを考え、前向きに行動できる気がします。

現代社会学部 社会防災学科
佐藤菜都さん

 

Challenge Message

連携と協力によって、目標を達成する喜びを実感

医療・福祉関連の多彩な学部構成を生かしたIPE(多職種連携教育)は、チーム医療に携わる他職種の役割を理解できた貴重な経験。また、チームでの卒業研究も、全員が主体性を発揮することで難題を解決できる達成感を知りました。大学で学んだ連携と協力の大切さは一生の財産です。

栄養学部 栄養学科 管理栄養学専攻
小川真波さん