• 検索
  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

WEB出願

MENU

広い視野と実践力を武器に、社会の課題を解決する成

現代社会が抱える課題を発見し、解決に導く力を身につけることを目的とした学部です。社会、経済、行政、国際交流、マスコミ、ボランティアなど、幅広く学ぶことで多面的な視点を養い、各学科で深い専門知識の修得を図ります。アクティブ・ラーニングやフィールドワーク、インターンシップを多く取り入れた実践的な授業で主体性や行動力を高め、社会を生き抜く力を育てます。

被災地神戸の知を生かし、防災と社会貢献を理論と実践の両面から学ぶ

社会防災学科は、阪神・淡路大震災をうけ2006年に立ち上げた学際教育機構「防災・社会貢献ユニット」をもとに開設されました。被災経験を糧に防災・減災、国際協力、ボランティアなどへの知識を深め、実際の現場での学びを通して社会貢献の心を養い、社会へ伝える力を育てます。

市民の視点

防災知識や防災教育、災害発生後のボランティア活動など「減災サイクル」について学び、家族や地域を守るための防災教育や、ボランティアの大切さについて考えます。

行政の視点

消防や警察などの救援、地方自治体や国の防災関連のシステムや被災後の復旧・復興など巨大地震に備えた「まちづくり」について多面的に学びます。

社会貢献の視点

身近な地域のボランティアから、企業による社会貢献や海外での国際協力まで、「社会に貢献するとは何か」について幅広く学びます。多彩な講師や企業、団体訪問、海外での実習を通して、豊かな人間性と実践力を身につけます。

取得できる資格

  • 社会貢献活動支援士※
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

※ 対象科目の単位を修得し、認定試験に合格すると取得できる資格。

*「救急救命士」の国家試験受験資格は取得できません。

女性視点のアイデアで地域に貢献するサークル「防災女子」

女性視点のアイデアで地域に貢献するサークル「防災女子」

地域、行政、企業などと連携し、非常食をおいしくするアレンジレシピを提案する試食会を開催したり、百貨店とタッグを組み、ローリングストック食材を活用したレシピを考案したり。女性ならではの防災啓発を目的としたサークルで、女子学生を中心に活動しています。ほかにも、様々な年代の女性と意見交換を行う、神戸市婦人市政懇談会の防災ディスカッションにも参加。これらの活動が評価され「ひょうご女性みらい縹(はなだ)賞」を受賞しました。