• 検索
  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

WEB出願

MENU

人の身体・心・生活を支えるリハビリテーションのプロへ

超高齢化社会が進む我が国において、リハビリテーション専門職への期待は益々大きくなっています。本学部は医療と福祉が一体となった教育を展開し、リハビリテーションの専門性を高める授業を実施しています。生活を支援する上で重要な対象者の身体と心と生活への理解を深めるとともに、社会の中で人を支えるリハビリテーションについて学び、未来を大きく広げていきましょう。

専門性の高い運動療法を修得し、生活復帰をサポート

運動機能や生活機能を回復・促進する理学療法のプロフェッショナルをめざす本科では、指導体制・設備が充実。理学療法の現場や研究領域で活躍する教員を揃え、さらにリハビリテーション専用の実習室や演習室などの設備を整えています。学外の臨床実習による実践的な教育にも注力し、即戦力で活躍できる人材を育てます。

就職を見据えた学びにより高い国家試験合格率97.7%を実現
(全国平均 86.4%)

本学の理学療法国家試験の2020年卒業生実績の合格率は97.7%と全国平均を大きく上回ります。健康づくりのための運動指導を行う専門家、健康運動実践指導者とのダブル資格取得も可能です。担当教員による国家試験対策も手厚く、高い合格実績があります。

取得できる資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 健康運動実践指導者認定試験受験資格※1

※1 指定科目の単位修得者が取得できる資格。

地域の人々を対象に「体力測定会」を各所で実施

地域の人々を対象に「体力測定会」を各所で実施

現役の学生だけでなく卒業生もスタッフとして参加し、高齢者を対象とした体力測定を行います。足の握力測定をはじめ変形がないか、歩行にぶれはないかなどを確認。分析装置を使用しての体脂肪、筋肉、骨、水分などの調査も行います。高齢者の健康維持をサポートしながら、理学療法士としての心構えや接し方を実践的に学べる機会となっています。