• 検索
  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

WEB出願

MENU

広い視野と実践力を武器に、社会の課題を解決する

現代社会が抱える課題を発見し、解決へ導く力を身につけることを目的とした学部です。社会、経済、経営、行政、国際問題、マスコミ、ボランティアなど、幅広く学ぶことで多面的な視点を養い、各学科で深い専門知識の修得を図ります。アクティブ・ラーニングやフィールドワーク、インターンシップを多く取り入れた実践的な授業で主体性や行動力を高め、社会を生き抜く力を育てます。

豊富な知識と経験値をもとに社会の課題を自力で解決へ導く

現代社会学科では「市民と生活」「仕事と産業」「地域と文化」の3分野を基点とし、広い視野での課題発見・解決力を養います。1年次は、少人数クラスでレポートの作成方法やプレゼンテーション、ディスカッションなどの基礎を修得。2・3年次にはフィールドワークで実践力を身につけ、地域社会に根ざした進路をめざします。

市民と生活

少子高齢化、個人化、グルーバル化、高度情報化など、現代社会が抱える問題は私たちの暮らしに直結しています。家族、福祉、ジェンダー、組織などの観点から、当たり前だと思っている生活を見直し、そこに潜む課題を考察していきます。

仕事と産業

地域と企業、キャリアとライフコースの関係など、「働くこと」「つくること」をめぐる経済的側面や課題を、多面的に考察します。求められる能力、人材、ネットワークなど、現代社会における産業の多様なあり方と問題解決策を探求します。

地域と文化

文化が形成された社会的背景や地域とのつながりを知り、人々にどのような影響を与えるのかを追求します。現代社会の「グルーバル化」という大きな変化に、これから地域はどう対応していくべきかを考えます。

取得できる資格

  • 社会調査士※
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)

※ 指定科目の単位修得者が取得できる資格。

「やぶ♡プロジェクト」で養父市の魅力を再発見

「やぶ♡プロジェクト」で養父市の魅力を再発見

兵庫県養父市と連携し、若者の視点から地域活性化を考案。2018年からはじまった現代社会学科の3つのゼミが合同で取り組むプロジェクトです。養父市の魅力を伝える音楽や映像作品を制作し、地域が抱える課題解決をめざした政策提案を行います。