MENU

入試情報

お子さまの大学進学を考える
保護者の皆さまへ

神戸学院大学の

学費奨学金制度

神戸学院大学では、経済面で学生生活を支える各種制度を整えサポートいたします。

CHECK
POINT!

費用の準備は受験前から。
奨学金制度は、条件に適したものを選択

入学検定料、入学金、授業料などさまざまな費用が発生する大学進学。いざという時に困らないためにも、受験前から費用を準備しましょう。奨学金制度を利用する場合は、それぞれの条件を見比べ適したものを見つけましょう。

まずは4年間にかかる学費を確認

例えば 法学部 法律学科の学生の場合…

※2017年4月1日現在のものです。

1年次 入学時

  • 入学金300,000
  • 授業料(前期分)360,000
  • 施設設備維持充実費(前期分)100,000
  • 委託徴収金54,300

そのほか教材費やパソコン代などの出費も…。

1年次 後期

  • 授業料360,000
  • 施設設備維持充実費(後期分)100,000

2年次以降 年間納入金合計

  • 授業料720,000
  • 施設設備維持充実費200,000
  • 委託徴収金5,000

そのほか実習費や留学費などがかかる場合も…。

学生生活の費用を支えるさまざまなサポート制度

※2017年4月1日現在のものです。

特待生制度

一般入試(前期日程・中期日程)において、大学が認めた一定以上の優秀な成績で合格し、入学を許可された者には入学年度の学費(授業料および施設設備維持充実費)が免除されます。

(注)入学金および委託徴収金は別途納付しなければなりません。

  • 入学年度の学費免除
    ※授業料および施設設備維持充実費
  • 特待生候補者200
  • 2年次以降は充実した奨励生制度あり!
  • 例えば薬学部薬学科の特待生は179.5万円免除!!

※この制度は入学年度だけが対象です。2年次以降には奨励生制度があり、これに採用されると、奨励金が支給され奨励生としてさらに充実した学生生活を実現することも可能です。

溝口奨励金

2016年に迎えた創立50周年を記念し、「溝口奨励金」を新設しました。この制度は、名誉理事長である溝口史郎氏が「高い向上心を持つ学生を応援したい」という思いのもと、自身の私財を寄付して設立されたものです。

学内奨学金

経済的理由などにより修学が困難と認められた人に、神戸学院大学から支給または貸与されます。

学外奨学金

経済的理由などにより修学が困難と認められた人、また学業成績が優秀な人に、国・地方自治体・民間から、支給または貸与されます。

(注)地方自治体・民間団体の奨学金については、大学に募集があり、現在本学学生が受給中の団体を抜粋して記載しています。

※日本学生支援機構給付奨学金については、2018年度進学予定者から適用されます。

学費分納制度

本学では、学費を一括で納入することが困難な家庭に対して、学費分納制度を設けています。前期・後期それぞれに必要な学費を4分の1ずつ、トータルで年8回に分割して納入できます。

※新入生は、後期以降の取り扱いとなります。

教育ローン

本学に入学または在学する学生の保護者で要件を満たす人は、提携金融機関の融資を受けることができる「大学提携教育ローン」や日本政策金融公庫の「国の教育ローン」などのローンもご利用いただけます。学費や勉学費に不安を抱くことなく、集中して勉学に励むことができる環境をご用意しています。

※詳細は神戸学院大学学生支援グループまたは金融機関などの資料をご覧ください。入学時に利用したい方は、必ず合格発表までに「事前調査」をすべて済ませておいてください。