• 検索
  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ

WEB出願

MENU

人の身体・心・生活を支えるリハビリテーションのプロへ

超高齢化社会が進む我が国において、リハビリテーション専門職への期待は益々大きくなっています。本学部は医療と福祉が一体となった教育を展開し、リハビリテーションの専門性を高める授業を実施しています。生活を支援する上で重要な対象者の身体と心と生活への理解を深めるとともに、社会の中で人を支えるリハビリテーションについて学び、未来を大きく広げていきましょう。

専門知識と柔軟な対応力で心と身体の両面から機能回復をサポート

作業療法士は、家事や手芸、工作などの作業活動や治療機器を用いて対象者の機能回復を行ったり、福祉道具の提供や住宅改修などを行うことで、日常生活がスムーズにできるように促すリハビリテーションのプロフェッショナル。身体的なアプローチはもちろん、対象者の思いに寄り添う精神面でのアプロ―チ、発達に問題のある子どもの療育や問題のある子どもの療育や教育活動の支援などを行うことができる専門性と実践力を備えた人材を育成します。

充実の試験対策で合格への道をサポート!
国家試験合格率93.5%(2020卒業生実績)

作業療法士は一度資格を取得すれば更新の必要がないことから永久ライセンス。そのため、転職や出産後の再就職の際などにも有利です。本学は国家資格取得に力を入れ、本学科生の作業療法士国家試験の合格率は93.5%(2020年度卒業生実績)。グループ学習を中心に、小テストによる知識確認と定着を図ったり、8回を超える模擬授業を行うなど国家試験対策も充実。複数の教員で対応し、手厚くサポートしています。

取得できる資格

  • 作業療法士国家試験受験資格

現場さながらの作業療法実習室が充実

現場さながらの作業療法実習室が充実

治療の設定、段階付け、負荷のかけ方を模擬体験できる実習室や、発達に問題のある子どもたちを対象に、ゲームやおもちゃを使って感覚を刺激し、活動評価や治療を行える実習室など設備が充実。車いすだけでも100台以上と、さまざまな福祉道具を用意しているので、機器の使い方や選択の仕方などを実践的に学べます。車いすを分解して組み立てる授業ではしくみを理解でき、車いすを扱う際に役立つ知識も身につきます。治療手段として用いる作業の一つ、木工・陶芸を体験できる実習室もあり、身体を動かしながら学修できます。