神戸学院大学

神戸マラソンの第2回学内練習会を開催しました

2013/11/06

11月17日に開催される神戸マラソンを目指した学内練習会が11月3日、ポートアイランドキャンパスであり、マラソンに出場する西本誠實理事長のほか教職員と学生計9人が参加しました。社会連携部のスポーツコーディネーター、上谷聡子さんからマラソン一週間前からの練習と食事について講義を受け、大学からゴール地点までの約7キロのコースを試走しました。
練習会に参加した、フルマラソン初出場の栄養学部3年次生、大本良聖さんは「非日常的な、普段は味わえない感動を一生の宝物にできる大会にしたい」といい、講師を務めた上谷さんは、「本学は毎年多くの学生がボランティアを行い、大会を支え、見つめてきました。そして、今年は学内練習会を開催できたことで、する、見る、支えるの、する事に対するアプローチが初めてできたことに、大きな意味を感じています。また、初めて本学関係者で神戸マラソンを走る人たちが集まったことで、一体感を感じ、それが大会当日のパワーになればと思います」と話しています。