1. 神戸学院大学
  2. 文部科学省採択プログラム
  3. 大学教育・学生支援推進事業(学生支援推進プログラム)

大学教育・学生支援推進事業(学生支援推進プログラム)

本学の概要

神戸学院大学は、「真理愛好・個性尊重」の建学の精神のもと、1966年(昭和41年)4月に開学し、2006年(平成18年)に大学設立40周年を迎えた。

現在は、文系4学部、理系3学部、全学部に大学院を設置し、計7学部・7研究科および法科大学院を擁する総合大学として、約10,000余名の学生が学んでいる。教育面においては、本学独自の「共通教育機構」における基礎的講座、それぞれの学部における専門的講座、その他課外講座やインターンシップなど多くのメニューをそろえている。

キャンパスは本学発祥の地である神戸市西区の有瀬(KAC)キャンパス、2004年に神戸市長田区に開設した法科大学院専用の長田(KNC)キャンパス、2007年に神戸市中央区のポートアイランドに開設したポートアイランド(KPC)キャンパスなど、それぞれに特徴と使命を持つ3つのキャンパスで教育・研究活動を展開している。

本学の建学の精神や教育体制等を十分に活して、学生が自己を修練し、社会に役立つ有為な人材を養成することを目指している。

ページトップへ