神戸学院大学

大学紹介

アセスメント・ポリシー(教学に係るアセスメントの方針)

 

 本学においては、三つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)に基づき、教育活動や教育改革を推進している。教育の内部質保証の為に、機関レベル(大学全体)、教育課程レベル(学部・研究科)、科目レベルの3段階で、教育・学修成果を評価し、PDCAサイクルを廻すことが必要である。そのため神戸学院大学では、教学に係るアセスメントの方針(アセスメント・ポリシー)を定める。

  1. 機関レベル(大学全体)のアセスメント・ポリシー
  2. 学位の取得状況、進路の決定状況(就職率、進学率、就職先、進学先、及び進路決定満足度等)、公務員合格者数、国家試験合格率、卒業時アンケートによる学生の成長実感及び満足度等から、全学のディプロマ・ポリシーを鑑み、機関(大学全体)レベルにおける教育・学修成果の達成状況を検証する。
    検証結果は、大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生のキャリア形成支援、学習支援の改善等に活用する。 機関レベル(大学全体)のデータを収集し、分析するために、教学に係る統合データベースを整備する。データの収集、分析に係る業務は、教学IR委員会(委員長は学長)のもとで教学IR室が担い、分析データをもとに全学教育推進機構会議(委員長は教学担当副学長、委員は各学部長・研究科長、教務センター長等)にて審議を行い、全学の教育の質保証のための教育施策に活用していく。

  3. 教育課程レベル(学部・研究科)のアセスメント・ポリシー
  4. 各学部・研究科におけるディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に基づき、単位取得状況、GPA、外部テスト、卒業論文、卒業研究、学位の取得状況等から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を検証する。
    具体的な検証方法は各学部・研究科のアセスメント・ポリシーによる。

  5. 科目レベルのアセスメント・ポリシー
  6. シラバスで提示した授業科目の学修目標に対する評価や授業アンケート等の結果から、科目ごとの達成状況を検証する。
    科目の成績評価は、科目の特性や到達目標などを踏まえて、教員がシラバスに明示した評価方法・基準に沿って行う。