神戸学院大学

経営学部の坂本花織さんがフィギュア全日本選手権優勝、北京冬季五輪出場が決まりました

2021/12/27

フィギュアスケートの北京冬季五輪最終選考会を兼ねた全日本選手権がさいたまスーパーアリーナで開催されました。女子シングルに出場した経営学部3年次生の坂本花織さんが12月23~25日に行われたショートプログラムとフリーでいずれも1位の合計234.06点のハイスコアを上げ、2位以下を引き離して見事優勝しました。日本スケート連盟は26日、北京冬季五輪出場選手を発表し、平昌冬季五輪に続く坂本さんの2大会連続出場が決定しました。

坂本さんの全日本優勝は3年ぶり2回目です。23日のショートで79.23点の高得点を上げて首位に立ち、25日のフリーは最終演技者として登場しました。冒頭のダイナミックなダブルアクセルジャンプを成功させて勢いに乗り、すべてのジャンプ、スピンなど会心の演技で他を圧倒し、154.83点をマークしました。 体力の必要な高難度のプログラムを力強く、そして優雅に滑り切り、自身も満足な出来栄えに氷上で思わずこぶしを握り締めてガッツポーズを見せ、会場から割れんばかりの拍手を浴びました。

演技後のテレビのインタビューでは「オリンピック一発内定が有言実行できて、これ以上ないうれしさを感じています」と語りました。

大会2位の樋口新葉さん(明治大学)、3位の河辺愛菜さん(木下アカデミー)も北京冬季五輪出場が決まりました。

NHKニュース「フィギュア 坂本花織が優勝 北京五輪の内定確実」はこちら

日刊スポーツ「坂本花織が北京五輪内定!」はこちら

スポニチ アネックス「坂本花織 一問一答」はこちら

神戸新聞NEXT 「21歳、大人の自覚『心がスカッと』五輪切符の坂本 有言実行で4年間の成長刻む」はこちら