神戸学院大学

研究・産学官連携

生命科学・医学系研究、非医学系研究 人を対象とする研究に関する情報公開

神戸学院大学で行っている下記の人を対象とする生命科学・医学系研究について、情報公開をしています。この研究の利用目的や方法等についてお知りになりたい場合、この研究への試料・情報利用についてご了解できない場合等、お問い合わせがありましたら研究責任者または担当者にご連絡ください。ただし、他の方の個人情報や研究の知的財産に関わること等は、お答えできないこともありますのでご了解ください。

生命科学・医学系研究、非医学系研究 人を対象とする研究に関する情報公開

承認番号 HEB22-06
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 薬学部大学教員・大学院生による新型コロナワクチン調製業務
対象となる方 本学にてワクチン調製業務に従事した薬学部教員・大学院生全員
対象期間 2022年9月~2024年3月
使用する試料・情報について 質問票(Googleフォーム使用)
回答者情報(役職、薬剤師資格取得からの年数、医療機関での薬剤師としての経験年数・経験されていた医療機関、注射剤調製経験の有無・経験していた場所、出務回数、リーダー薬剤師経験有無)、ワクチン調製業務について(出務回数・時間・報酬への印象、事前研修の有用性・薬剤室の運用・教員間の情報共有・マニュアルの有用性・調製業務への不安・多職種との連携への評価や印象)、ワクチン調製業務への意識(参加理由、社会貢献・薬剤師の専門性の発揮・職能拡大・教員間の連携・多職種への連携についての意識の変化、今後の参加意欲、業務の楽しさ)
利用目的・利用方法 以下、3点を目的とする。
1.薬学部教員・大学院生によるワクチン調製業務の活動を記録するため
2.ワクチン調製業務について再度依頼があった際の参考にするため
3.パンデミックに直面した時の薬学部大学教員・大学院生の役割・行動・意識について検討するため
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 HEB22-05
研究責任者 薬学部・講師 辰見 明俊 連絡先 078-974-1551
内線:83236
研究課題名 パゾパニブ塩酸塩による有害事象の発現状況調査
対象となる方 大阪国際がんセンターにおいてパゾパニブ塩酸塩の投与を受けた患者
対象期間 2016年1月~2022年9月
使用する試料・情報について 診断名、年齢、性別、病歴、治療歴、各種臨床検査値、薬剤投与歴、副作用の発現状況および重症度
利用目的・利用方法 パゾパニブ塩酸塩投与後の有害事象発現に関わる因子およびがん種間での相違について明らかにすることで、副作用マネジメントの向上による患者のQOL改善に寄与することを目的とする
使用する試料・情報の他機関との授受 大阪国際がんセンターより提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 大阪国際がんセンター・角川幸男
承認番号 HEB22-04
研究責任者 薬学部・講師 辰見 明俊 連絡先 078-974-1551
内線:83236
研究課題名 免疫チェックポイント阻害薬の副作用に関する実態調査および副作用発現に係る因子の探索
対象となる方 大阪国際がんセンターにおいて免疫チェックポイント阻害薬の投与を受けた患者
対象期間 2018年1月~2022年9月
使用する試料・情報について 診断名、年齢、性別、病歴、治療歴、各種臨床検査値、薬剤投与歴、副作用の発現状況および重症度
利用目的・利用方法 免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象の発現に係るリスク因子や予測因子を明らかにすることで、副作用マネジメントの向上による患者のQOL改善に寄与することを目的とする
使用する試料・情報の他機関との授受 大阪国際がんセンターより提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 大阪国際がんセンター・角川幸男
承認番号 SEB21-20
研究責任者 薬学部・准教授 辻本 貴江 連絡先 078-974-1551
内線:83269
研究課題名 新1年生に対するオンラインSGDの試みと授業評価から見えた有用性
対象となる方 薬学部にて実施された2019年、2021年および2022年度実習ⅠA「多職種連携と社会貢献」を受講し、授業評価アンケートに回答した学生のうち、当研究にその回答を使用することについて同意が得られた学生
対象期間 2022年4月~2024年3月
使用する試料・情報について 質問票による調査の回答内容
利用目的・利用方法 2021年度新1年生に対して実施されたオンラインSGD受講者に対して授業評価アンケート調査を行い、2019年度、2022年度の対面式SGD受講者に実施したアンケートと比較検討をすることを目的とする
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 HEB21-13
研究責任者 薬学部・准教授 辻本 貴江 連絡先 078-974-1551
内線:83269
研究課題名 兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・京都府下の調剤薬局における在宅静脈栄養輸液調製に関する実態調査
対象となる方 兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・京都府の薬局機能情報提供システムに公開された無菌調製機能を届出た調剤薬局
対象期間 2021年12月~2023年3月
使用する試料・情報について 質問票による調査の回答内容
利用目的・利用方法 回答を集計、解析し、無菌調製薬局機能の現状や問題点を抽出し、解決策を考察し、在宅医療における無菌調製可能な薬局の必要性と普及を推進するために基礎資料を得ることを目的とする
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 HEB21-15
研究責任者 栄養学部・講師 鳴海 愛子 連絡先 078-974-1551
内線:33415
研究課題名 MY CONDITION KOBEを利用した朝食欠食の改善
対象となる方 20-39歳の神戸市在住・在勤・在学の方で朝食を週2日以上食べない習慣をもつ人
対象期間 2021年12月~2023年3月
使用する試料・情報について ①3回のアンケート調査の回答内容、②2021年12月~2022年3月に「MY CONDITION KOBE」上で記録されるデータ(食事記録)
利用目的・利用方法 若年層の朝食欠食を改善するナッジを明らかにする
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市が収集したデータから、個人情報を削除し匿名化した状態で、データを受け取る
共同研究機関名・研究責任者 兵庫県立大学国際商経学部 講師 黒川博文
東北学院大学経済学部 准教授 佐々木周作
神戸市健康局 食育・栄養指導担当課長 藤本恵美子
承認番号 HEB21-10
研究責任者 薬学部・教授 杉岡 信幸 連絡先 078-974-4441
内線:83296
研究課題名 シスプラチン複数コース投与時における腎障害の予測および影響因子の探索
対象となる方 神戸市立医療センター中央市民病院においてCDDPを含む化学療法の投与を受けた成人肺がん患者
対象期間 2011年7月~2017年12月
使用する試料・情報について 患者背景(年齢、性別、身長、体重、病歴(糖尿病、高血圧など)、原疾患および各種臨床検査値、化学療法レジメン、CDDP用量用法、投与コース数、併用薬、治療終了後の経過
利用目的・利用方法 上記の収集した情報を用いて各コースにおける腎障害を評価するとともに腎障害の予測モデルを構築し、その影響因子を探索することで、腎障害の回避可能なCDDP投与設計の構築に寄与することを目的とする。
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市立医療センター中央市民病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部・池末裕明
承認番号 HEB21-08
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 入院患者におけるポリファーマシーに関する実態調査
対象となる方 市立芦屋病院にて、6剤以上の薬を服用していた入院患者
対象期間 2017年1月~2019年12月
使用する試料・情報について 患者背景 (年齢、性別、入院主病名)、持参薬、退院時の処方薬(持参薬のうち)、薬効群、同効薬で2種類以上のもの、入院中に中止できた薬効群、中止できなかった薬効群等
利用目的・利用方法 チーム医療における薬剤師の役割・貢献度の実態についてデータを収集し分析することで、チーム医療の質を高め、より機能的で有効な医療活動に発展させ、患者さんにより良い医療を提供することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本 禎晃
承認番号 HEB21-07
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 薬剤師の緩和ケアチーム活動におけるアウトカム評価
対象となる方 市立芦屋病院にて、緩和ケアチームが介入した患者
対象期間 2016年4月~2023年3月
使用する試料・情報について 患者背景 (年齢、性別、主病名)、薬剤師の提案に関連した薬剤と件数、薬剤師による提案状況、薬剤師による提案内容の採択率(介入内容別、症状別)、採択された提案について実施後の有効率(介入内容別、症状別)等
利用目的・利用方法 チーム医療における薬剤師の役割・貢献度の実態についてデータを収集し分析することで、チーム医療の質を高め、より機能的で有効な医療活動に発展させ、患者さんにより良い医療を提供することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本 禎晃
承認番号 HEB21-06
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 プロトンポンプ阻害剤(PPI)による下痢に関する実態調査
対象となる方 市立芦屋病院にて、ランソプラゾールが投与された患者
対象期間 2012年10月~2016年2月
使用する試料・情報について 患者背景(性別、年齢、診療科、入院主病名)、ランソプラゾールに関する使用状況(投与期間、投与量、中止理由)、投与期間中に下痢が起こっている件数、下痢により本剤が中止となった件数、下痢の発生から中止に至る経過
利用目的・利用方法 ランソプラゾール投与後の下痢の発生状況について、データを収集し分析することで、プロトンポンプ阻害薬の正しい使い方を明らかにすることを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本 禎晃
承認番号 HEB21-05
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 下肢浮腫に対する利尿薬の効果比較についての単一施設における後方視的研究
対象となる方 市立芦屋病院にて、ランソプラゾールが投与された患者
対象期間 2015年3月~2017年3月
使用する試料・情報について 患者背景 (年齢、性別、がん種)について、利尿薬の使用状況 (開始量、投与期間)、中止理由、口渇・頻尿の発現頻度、投与後の下肢浮腫の状態(利尿薬の効果)、尿量、臨床検査値 (ナトリウム、カリウム、アルブミン)等
利用目的・利用方法 がんの進行に伴う下肢浮腫への利尿薬の効果についてデータを収集し、詳細に分析することで、適切な利尿薬の使用を検討し、患者さんのQOLを改善することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本 禎晃
承認番号 HEB21-04
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 がん患者と非がん患者に対する持続鎮静に関する実態調査
対象となる方 市立芦屋病院にて、苦痛を緩和するための鎮静を目的としてミダゾラムが投与された患者
対象期間 2019年9月~2020年9月
使用する試料・情報について 患者背景(性別、年齢、入院主病名、診療科)、サポーティブケアチームの介入の有無、使用薬剤の情報(投与方法、開始用量、最終用量、最大用量 、開始理由、早送りの有無、用量変更の有無、用量減量の有無、中止・終了日、中止・終了理由、持続鎮静期間)、鎮静に関するカンファレンスの回数、RASS に関す情報(初回値、最終値、最大値、最小値、変化した回数)、転帰(死亡、転院、転棟など)
利用目的・利用方法 苦痛を緩和するための鎮静に至る経過やその効果について、データを収集し分析することで、患者さんの鎮静の効果の向上を目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本 禎晃
承認番号 HEB20-17
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 帯状疱疹及び帯状疱疹関連痛の診療実態調査
対象となる方 2012年8月以降2021年8月までに市立芦屋病院にて、帯状疱疹と診断された患者
対象期間 2012年8月~2021年8月
使用する試料・情報について 患者背景(性別、年齢、併存疾患)、診断した診療科、各診療科の受診状況、各々での薬物治療の状況(使用薬剤、処方日数、用量)、症状の転帰
利用目的・利用方法 麻酔科(ペイン外来)及びそれ以外の診療科での薬物治療の詳細、治療経過について的確に把握すること
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 市立芦屋病院 薬剤科 部長 岡本禎晃
承認番号 HEB20-17
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 帯状疱疹及び帯状疱疹関連痛の診療実態調査
対象となる方 2012年8月以降2021年8月までに市立芦屋病院にて、帯状疱疹と診断された患者
対象期間 2012年8月~2021年8月
使用する試料・情報について 患者背景(性別、年齢、併存疾患)、診断した診療科、各診療科の受診状況、各々での薬物治療の状況(使用薬剤、処方日数、用量)、症状の転帰
利用目的・利用方法 麻酔科(ペイン外来)及びそれ以外の診療科での薬物治療の詳細、治療経過について的確に把握すること
使用する試料・情報の他機関との授受 市立芦屋病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 西宮市立中央病院 麻酔科 主任部長 前田倫
承認番号 HEB20-17
研究責任者 薬学部・准教授 中川 左理 連絡先 078-974-1551
内線:83385
研究課題名 帯状疱疹及び帯状疱疹関連痛の診療実態調査
対象となる方 2012年8月以降2021年8月までに関西ろうさい病院にて、帯状疱疹と診断された患者
対象期間 2012年8月~2021年8月
使用する試料・情報について 患者背景(性別、年齢、併存疾患)、診断した診療科、各診療科の受診状況、各々での薬物治療の状況(使用薬剤、処方日数、用量)、症状の転帰
利用目的・利用方法 皮膚科及びそれ以外の診療科での薬物治療の詳細、治療経過について的確に把握すること
使用する試料・情報の他機関との授受 関西ろうさい病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 関西ろうさい病院 薬剤部 山岡慶子
承認番号 HEB20-15
研究責任者 栄養学部・助教 中川 輪央 連絡先 078-974-1551
研究課題名 採尿時間の違いによるNa排泄量の比較に関する研究
対象となる方 神戸学院大学栄養学部生
対象期間 2021年3月~2022年3月
使用する試料・情報について 尿検体
利用目的・利用方法 一定の食塩負荷が尿中に排泄されるまでを経時的に観察し、採尿時間によるNa排泄量の差を調査することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸大学大学院保健学研究科、勝谷病院へ提供する。
共同研究機関名・研究責任者 神戸大学大学院保健学研究科 木戸 良明
勝谷病院 勝谷 友宏
承認番号 SEB20-03
研究責任者 薬学部・講師 内海 美保 連絡先 078-974-1551
内線:83316
研究課題名 地域の保健医療福祉分野を支える専門職の育成とその評価
対象となる方 神戸学院大学で専門職連携教育(Interprofessional Education: IPE)を受講された方
対象期間 2020年10月~2023年3月
使用する試料・情報について IPEに関するアンケート
利用目的・利用方法 IPEの実践とアンケートによる評価、解析を通じて、効果的なIPEプログラムの開発と地域の保健医療福祉分野に貢献できる人材の育成に寄与することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 SEB20-02
研究責任者 薬学部・講師 内海 美保 連絡先 078-974-1551
内線:83316
研究課題名 薬剤師の臨床判断能力の涵養に向けた教育研究開発: 検査キットを用いた教育の実践と評価
対象となる方 神戸学院大学薬学部で演習実習ⅢBを受講された方
対象期間 2020年10月~2023年3月
使用する試料・情報について 演習実習ⅢB(物性薬学部門のセルフメディケーション実習)に関するアンケート
利用目的・利用方法 アンケートの解析、及び効果的な学習プログラムの構築を通して、将来セルフメディケーション支援業務を担う薬剤師の問題解決能力を向上させることを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 SBE20-01
研究責任者 薬学部・講師 内海 美保 連絡先 078-974-1551
内線:83316
研究課題名 アクティブラーニングの促進に向けた探索的研究
対象となる方 神戸学院大学薬学部で実習ⅡBを受講された方
対象期間 2020年10月~2023年3月
使用する試料・情報について 実習ⅡB(物性薬学部門のPBL)に関するアンケート
利用目的・利用方法 アンケートの解析を通じて、アクティブラーニングを促進させる因子を抽出し、学生が主体的・効果的・効率的に学ぶことができる汎用的な仕組み作りに寄与することを目的としている。
使用する試料・情報の他機関との授受 なし
共同研究機関名・研究責任者 なし
承認番号 HEB20-09
研究責任者 薬学部・教授 福島 昭二 連絡先 078-974-4751
研究課題名 重症のCOVID-19患者におけるレムデシビルの薬物動態の検討
対象となる方 神戸市立医療センター中央市民病院でレムデシビルを投与された方
対象期間 2020年5月14日~2022年3月31日
使用する試料・情報について 血清
利用目的・利用方法 レムデシビルを使用している重症の新型コロナウイルス感染症(Coronavirus disease 2019,COVID-19)患者における薬物動態(PK)を明らかにすること。
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市立医療センター中央市民病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 神戸市立医療センター中央市民病院
薬剤部長 橋田 亨
承認番号 HEB18-16
研究責任者 薬学部・教授 福島 昭二 連絡先 078-974-1551
内線83271
研究課題名 非小細胞肺がん患者における免疫チェックポイント阻害剤の薬物動態に関する観察研究
対象となる方 愛知県がんセンターで残余検体(血清、血漿)の提供及びデータの2次利用に同意いただいた患者様.
対象期間 2018年10月~2021年10月
使用する試料・情報について 血清、血漿.
利用目的・利用方法 治療効果と免疫関連有害事象発症時の免疫チェックポイント阻害剤の薬物動態との関連を検索する
使用する試料・情報の他機関との授受 愛知県がんセンターより提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 愛知県がんセンター 呼吸器内科部 樋田 豊明
承認番号 HEB19-09
研究責任者 薬学部・教授 福島昭二 連絡先 078-974-1551
内線83271
研究課題名 非小細胞肺がん患者における免疫チャックポイント阻害薬の薬物動態モデルの構築
対象となる方 神戸市立医療センター中央市民病院で免疫チェックポイント阻害薬単剤またはその他の抗がん剤との併用療法を受けた非小細胞がん患者
対象期間 2019年4月~2022年3月
使用する試料・情報について 血清
利用目的・利用方法 非小細胞肺がん患者における免疫チェックポイント阻害薬の薬物動態(Pharmacokinetics,PK)モデルを構築すること。
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市立医療センター中央市民病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部長 橋田 亨

他の研究機関への既存試料・情報の提供に関する情報公開

神戸学院大学では、他機関が実施する研究について、下表に記載の期間へ試料・情報を提供しています。

現在なし