神戸学院大学

阪神・淡路大震災25年総合フォーラム

2019/06/18

日時 2019/06/30 (日) 13:30~16:15 ※受付13:00~
会場 兵庫県公館大会議室

 阪神・淡路大震災から25年を迎えるにあたり、ひょうご安全の日推進県民会議では「震災を風化させない-『忘れない』『伝える』『活かす』『備える』」を基本コンセプトに、県民、関係機関・団体等と連携して、震災の経験と教訓を広く発信し、次の大災害への備えや対策の充実につながる事業が展開されます。その幕開けとなるメインイベント「阪神・淡路大震災25年総合フォーラム」に、防災女子の森本澪さん(現代社会学部 社会防災学科3年次生)が参加し、パネルディスカッション「震災を風化させないために ~防災・減災の新たなステージに向けて~」でパネリストを務めます。
 森本さんが取り組んでいる、「防災女子」での啓発活動やゼミでの防災教育出前授業について紹介し、幼少期の被災経験を胸に全国的に活躍している著名人、震災後に防災対策の充実に取り組んでいる関係者とともに、震災の経験・教訓の継承やさらなる活用について考えます。

■実施概要 
(1) オープニング演奏(兵庫県警察本部音楽隊)
(2) 主催者挨拶
(3) 基調講演「阪神・淡路大震災の経験・教訓の活用の軌跡と課題」(仮題)
   【講 師】河田惠昭 ひょうご安全の日推進県民会議企画委員長
(4) 合唱「しあわせ運べるように」(神戸市立なぎさ小学校)
  *「歌」で当時の鎮魂への想いや減災社会実現への決意を今に伝えている事例として披露
(5) パネルディスカッション「震災を風化させないために ~防災・減災の新たなステージに向けて~」
   【ファシリテーター】室﨑益輝 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長
   【パネリスト】森本 澪 神戸学院大学現代社会学部社会防災学科3年次生(防災女子)
          相武紗季 女優
          中島直實 播磨町石ヶ池自治会自主防災会長
          道満雅彦 オリバーソース㈱代表取締役社長
詳細はこちら

※満席のため申込〆切となりました。