神戸学院大学

東日本大震災等の被災地支援活動

令和元年台風第19号被災地緊急支援ボランティア(宮城第1陣)

日時 2019年11月16日(土)~17日(日)
場所 宮城県伊具郡丸森町
主催 神戸学院大学災害支援対策本部会議
協力 丸森町災害ボランティアセンター、東北福祉大学、東北学院大学 他

1. 活動先

宮城県伊具郡丸森町 五福谷川流域の被災家屋他(坂上地区、根子入地区)

人的被害

死者10名、行方不明1名、ケガ2名(軽傷2名)

決壊河川(県管理)

内川10か所、新川4か所、五福谷川4か所

住家被害
全壊 91件(被害状況認定調査より)
大規模半壊230件(同上)
半壊599件(同上)
一部損壊 263件(同上)
床上浸水 516世帯(推計)
床下浸水 651世帯(推計)
(以上11/11 時点、丸森町HP)

2. 参加者

学生6名、教員1名、職員1名 計8名
 学生所属:法学部2名、栄養学部1名、GC学部1名、現代社会学部2名
 引率所属:現代社会学部教員1名、KPC学生支援グループ1名

3.活動内容及び参加

丸森町災害ボランティアセンターの紹介で、以下の活動に参加した。
  • 五福谷川流域の被災家屋の片付け(土砂の運搬) 他
  • 4.交通

    神戸~宮城 飛行機:往路 伊丹空港~仙台空港、復路 仙台空港~神戸空港
    現地移動  マイクロバス(借り上げ)及び現地無料バス
    *引率者はレンタカーを使用

    5.宿泊

    学生:東北学院大学ボランティアステーション(土樋キャンパス大学院棟)
    引率:仙台の宿泊施設

    6.行程

    【11月16日(土)】

    時間 内容 備考
    06:30 伊丹空港集合
    07:20 伊丹空港発  9:00 仙台空港着
    マイクロバスで移動(引率1名はレンタカー)
    途中
    昼食・飲料の購入
    11:00 丸森町災害ボランティアセンター 到着
    受付、活動のマッチング
    12:00 丸森町坂上地区の被災家屋でボランティア活動
  • 床下の泥かき

  • (途中、昼食休憩)
    15:00 ボランティア活動終了・片づけ
    災害ボランティアセンターへ移動、備品返却、活動報告
    16:30 東北学院大学(宿泊施設)到着
    振り返り研修
    17:50 引率は宿泊所へ移動

    【11月17日(日)】

    時間 内容 備考
    07:05 東北学院大学(宿泊施設)集合、出発
    07:40 仙台駅(西口)到着
    災害ボランティアセンター無料送迎バス乗車
    (引率はレンタカーで移動)
    駅で昼食購入
    09:30 丸森町災害ボランティアセンター到着
    受付、活動のマッチング
    11:15 ワゴン車3台に分乗し、備品を積んで移動
    (一般のボランティア、本学学生・職員 計20名で活動)
    12:00 丸森町根子入地区の被災家屋でボランティア活動
  • 家屋裏の側溝の泥かき(土嚢詰め、撤去) 他
  • 14:40 終了、片付け
    15:45 災害ボランティアセンター到着
    備品洗浄・返却、報告書作成
    芋煮汁等の配給あり
    16:15 無料銭湯利用(角田市)
    17:40 仙台空港到着、事後研修 ほか
    19:35 仙台空港発  21:10 神戸空港着、解散

    宮城県丸森町河川氾濫の被害

    ボランティア活動の様子①(マッチングの順番待ち)
    ボランティア活動の様子②(現場に向かう)
    ボランティア活動の様子③(泥かき開始)
    ボランティア活動の様子④(泥を運び出す)
    詰めかけたボランティア
    活動を終えて記念撮影

    学生の感想

    • 被災者の声、ボランティアに参加された方々とお話ができた。座学で得た知識とは違っていた。
    • 被災から1か月が経っても現地の状況がかなり悪いと知った。
    • 今後もボランティアをしようという意識が高まった。
    • 被災後、継続してボランティアを続けることが必要であると感じた。
    • ボランティアセンター内の人出が足りていないように思った。
    • ボランティアの参加人数が多く、受付に時間がかかるのでもう少しスムーズに参加できないか。
    • 被害が大き過ぎて、大人数でないと泥かき作業やその後の作業が困難だと思った。
    • チームワークやコミュニケーション能力が大切だと思った。
    • 自分の持っている力が上がり、今後の活動に向けて心の余裕ができた。

    引率の感想

      (教員)
      水害の脅威を感じた。1日目のお宅では、何年かに一度は五福谷川が溢れそうになることはあったが、こんな事態は初めてだという。2階からヘリコプターの救助を待ったが、裏山が迫っており近づけなかった。泥出しは約8割の仕事完了だが、これから何度も、拭き掃除を繰り返して、ようやく新しい畳を運び込む。多分12月までかかるだろう。この辺りは12月に入ると、雪が降る。それまでに何とか復旧作業を終えたい。まだまだ、ボランティアのニーズはある。
      (職員)
      荷物は最小限にすべきだと感じた。素早く動けることも重要だと感じた。一般のボランティアの方と一緒に作業する場合や、一人で参加されている方には、こちらから積極的に声をかけることが大切だと感じた。声をかけることで、色々な情報交換ができ、勉強になることが多かった。

    以上