MENU

法の視点で物事を考えるリーガルマインドを培い、さまざまな進路に生かす

法律とは自分や人の権利を守るルールであり、世の中のあらゆる局面において、なくてはならないものです。特に国際化、情報化が急速に進む現代では、これまでの慣習では捉えられない状況が数多く発生しており、専門職でなくても自ら法律を運用していく力(リーガルマインド)が必要とされています。本学部では、現代社会を成り立たせている法律とそのしくみについて専門的な指導を行い、法曹界で活躍できる人材はもちろん、官・公・民のさまざまな場面で法の知識を生かせる人材を育成。法律を自分の武器として活用し、自発的に行動してこれからの国際社会をリードしていく力を身につけてもらうことをめざしています。

広大な法律の世界から自分の目的に応じて学べる3つのコースを用意

法学の知識は非常に幅広いため、効率良く学ぶために本学科では自分の専門分野を決めて集中的に学ぶコース制を実施しています。まず1年次に法学の基礎を幅広く学び、2年次より法のスペシャリストをめざす「法職コース」、公務員をめざす「行政コース」、民間企業をめざす「企業法コース」のいずれかを選択して、専門的に学んでいきます。

法職コース

弁護士をはじめ、検察官や裁判官のほか、司法書士、行政書士、社会保険労務士など、法律系の専門職をめざすカリキュラムを編成しています。

行政コース

公務員をめざすコース。職種としては、国家公務員、都道府県・市区町村の職員、国税専門官、警察官、消防官、刑務官、自衛官などが挙げられます。

企業法コース

民間企業への就職をめざすコース。法とビジネスのエキスパートとして成長し、銀行や企業での企画、総務、人事、営業、法務などへの就職が想定されます。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)※1
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史、公民)※1
  • 社会福祉主事(任用資格)※2

※1 指定科目の単位修得者が取得できる資格。2019年度以降の教職課程は認定申請中。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

※2 指定科目の単位修得者が取得できる資格。

公務員試験の合格者が続出。昨年度は過去最高人数に!

公務員試験の合格者が続出。昨年度は過去最高人数に!

公務員の採用試験は、憲法、民法、行政法をはじめ、法律学科で開講している専門科目を中心とした内容ですから、受験するなら自ずと法律学科生が有利です。本学科から公務員試験を突破する学生は年々増加傾向にあり、昨年度はこれまでで最多人数を記録しています。