MENU

実例を題材に学びを深め、企業経営のあり方や問題解決の方法を理解する

各国経済が減速あるいは停滞基調にある現代のビジネス環境で生かせる実践的知識を身につけ、即戦力として活躍できる人材を育成するため、身近な企業の経営事例を題材に取り上げて学びます。事例の中から、ヒト・モノ・カネ・情報がどのように動いているのかを把握し、そこで求められる企業経営のあり方を考察。本学部の特長として企業や自治体のプロジェクトに参加し、自分たちで企画・運営を手がけて経営をリアルに学ぶアクティブ・ラーニングの機会も豊富に設けています。また、現代のグローバル社会に対応するために、英語力養成に注力しているのもポイント。生きた経営を肌で学びつつ、国際社会で活躍する力を身につけてください。

自分に役立つ知識を効果的に学べる3つのコースを用意

経営学科では一人ひとりが興味のある学びの分野を選択できるように、2年次から「経営・商学」「会計」「経営情報科学」の3つのコースを設けています。いずれのコースも、それぞれの分野の担当教員の指導を受けてじっくり専門の学びを追究できることはもちろん、他コースの科目も自由に選択することが可能。個人の興味に応じて、体系的に学びを組み立てられます。

経営・商学コース

ビジネスの動向を読み解く知識を修得。ヒト・モノ・カネ・情報を組み合わせるマネジメントを学び、さまざまな企業や自治体などで生かせる能力を身につけます。

会計コース

企業の利益と財務状態をまとめた財務会計、内部管理のための管理会計、税金計算を行う税務会計をバランス良く学び、公認会計士や税理士をめざします。

経営情報科学コース

情報収集・分析に欠かせないICT(情報通信技術)のスキルを修得。経営管理や経営戦略に向けて、さまざまなデータを分析する情報処理能力を養います。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)※
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※

※指定科目の単位修得者が取得できる資格。2019年度以降の教職課程は認定申請中。文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

地元企業のトップなど第一線の人だけが知るリアルな経営学を学べる

地元企業のトップなど第一線の人だけが知るリアルな経営学を学べる

金融関連企業による寄附講座や、地元企業のトップ、現役ビジネスマンを講師に招いて講演会を開催。第一線でビジネスを実践される方々の事例を通して社会経済に関する知識を深め、リアルな経営学を学べる機会を設けています。

■これまでにお招きした講師

  • (株)アシックス 取締役会長
  • (株)神戸ポートピアホテル 代表取締役社長
  • (株)クリムゾンフットボールクラブ(ヴィッセル神戸) 代表取締役社長
  • アンリ・シャルパンティエ 社主
  • 東洋証券(株) 代表取締役社長
  • (株)ノーリツ 代表取締役社長
  • グローリー(株) 代表取締役社長
  • 南京町商店街振興組合 理事長・(株)老祥記 代表取締役社長
  • (株)神戸クルーザー・(株)コンチェルト 会長