神戸学院大学

第36回関西地区ペプチドセミナーが開催されました

2019/12/17

 第36回関西地区ペプチドセミナーが14日、ポートアイランドキャンパスで開催され、110人が参加。ポスター発表(40題)や、関西地区のペプチド関係の研究室の紹介(12研究室)などが行われました。今回、学生5人にポスター優秀賞が授与され、会場は熱気に包まれました。
 また、東京大学大学院薬学研究科の相馬洋平先生が「神経変性疾患治療を目指した生体内人工触媒反応」、本学薬学部分子薬学部門の稲垣冬彦教授が「酸–塩基協働作用を活用した新規反応場構築」をテーマに特別講演を行いました。