1. 神戸学院大学
  2. 學報.net
  3. in Focus

in Focus

本学教員の研究活動を中心に職員の取り組みなど、本学のユニークな人材を紹介

日本人初、人工知能ロボットを大学での英語学習に導入|グローバル・コミュニケーション学部 教授(学部長)|東 淳一

バックナンバー

■ 2015年度 in Focus
2016年1月
日本でのスポーツシーンの実状や問題点を発信し、スポーツ界と人間力を育む
共通教育センター 教授 二杉 茂
2015年12月
過去の企業の採用活動を研究することでこれからの「就活」を見通す
経済学部 講師 岡本 弥
2015年11月
法学部
ウガンダやケニアなどの紛争隣接地域を訪ねて難民を取り巻く現状を調査
栄法学部 教授 杉木明子
2015年10月
栄養学部
渋味のメカニズムを解明してアジアから世界へと発信したい
栄養学部 准教授 石井剛志
2015年9月
グローバル・コミュニケーション学部
少人数制の中国語コースで語学を修得し、中国文化への理解を深める
グローバル・コミュニケーション学部 中国語コース 教授 胡 士雲
■ 2014年度 in Focus
2015年2月
栄養学部
生活習慣病予防の鍵、血栓のメカニズムを研究。医療機関と提携し、臨床データを提供
栄養学部 准教授 山下 勉
2015年1月
総合リハビリテーション学部
認知症高齢者の生活向上を目指す支援モデル事業に参画
総合リハビリテーション学部 教授 前田 潔
2014年12月
経済学部
地域社会でも世界でも活躍できる柔軟な人材を育てたい
経済学部 准教授 岡部 芳彦
2014年11月
法学部
学んだ知識を実践的に試す 法律討論会を開催
法学部 准教授 小松 昭人
2014年10月
薬学部
インスリンを飲み薬に。医療に貢献する優れた製剤の開発を目指して
薬学部 教授 武田 真莉子
2014年9月
人文学部
様々な「依存症」をより深く理解するための公開シンポジウムを開催
人文学部 人間心理学科 吉野 絹子 教授/木戸 盛年 実習助手
2014年6月
卒業生・職員等
あきらめない。最後までやり遂げる。自分自身に挑戦し続けた日々。横田 真由美 2014ミス・ユニバース・ジャパン京都代表
■ 2013年度 in Focus
2014年2月
人文学部
学部生や大学院生が地域の子育てに貢献 人文学部 准教授 前田 志壽代
2014年1月
総合リハビリテーション学部
高齢化率の高い地元地域を 学生の力で活性化。 総合リハビリテーション学部 教授 西垣 千春
2013年12月
現代社会学部
防災教育を軸とした減災プランを 地域から日本、そして世界へ。人文学部 准教授 舩木 伸江
2013年11月
人文学部
明石・大蔵町の文化資源を発見し未来へと継承したい 人文学部 講師 矢嶋 巌
2013年10月
卒業生・職員等
地域に愛され支えられるアメフト・ジュニアチームを育成 甲斐 正一 神戸学院大学「NAVY SEALS JUNIOR」ヘッドコーチ
2013年9月
人文学部
音楽、演劇などの芸術公演で25年にわたり地域貢献 副学長 伊藤 茂
2013年7月
卒業生・職員等
ボランティアの自発性と開拓精神が新たな"気づき"をもたらす 学生支援グループ・ボランティア活動支援室 職員 川口 謙造
2013年5月
経営学部
統計学という最強の数学を用いて地域社会に貢献を 経営学部 教授 塩出 省吾
■ 2012年度 in Focus
2013年2月
薬学部
病気と薬の相互作用を研究 薬学部 助教 福島 恵造
2013年1月
経営学部
従業員は「経費」? それとも「資産」? 経営学部 准教授 島永 和幸
2012年12月
人文学部
障害者と健常者の関係性を通して社会を見る 人文学部 講師 前田 拓也
2012年11月
総合リハビリテーション学部
「虐待」を防止して高齢者に笑顔を! 総合リハビリテーション学部 講師 水上 然
2012年10月
薬学部
痛みを抑制する「DHA」の働きを追究 薬学部助教 中本 賀寿夫
2012年9月
法学部
目指すのは株主・投資者利益の保護! 法学部講師 宮崎 裕介
2012年6月
経営学部
スポーツを地域の観光資源に! 経営学部講師 柳 久恒
2012年5月
総合リハビリテーション学部
どんな病気でも必ず治す 強い信念のもと、難病の治療に挑み続ける
総合リハビリテーション学部教授 松尾 雅文
■ 2011年度 in Focus
2012年2月
現代社会学部
「ゴトンヨロン」の概念が日本を救う!
経済学部教授 学際教育機構 防災・社会貢献ユニット長 浅野 壽夫
2012年1月
卒業生・職員等
紙芝居や人形劇を上演する「ボランティアクラブ」を創部
S.S.W名誉顧問 学校法人神戸学院 内部監査室 監査役 監査室長 宮本 善弘
2011年12月
経営学部
私たちの健康寿命を延ばす、「個別化ヘルスケア」にチャレンジ 経営学部教授 大野 俊雄
2011年11月
栄養学部
毒性重金属から体を守るたんぱく質 「メタロチオネイン」の謎に挑む
栄養学部教授 小野坂 敏見
2011年10月
総合リハビリテーション学部
すべての人に優しい「住環境」と「ユニバーサルサービス」を目指す
総合リハビリテーション学部・社会リハビリテーション学科 准教授 糟谷 佐紀
2011年9月
共通教育センター
地域の活性化にスポーツイベントが果たす役割を考える
人文学部 学際教育機構スポーツマネジメントユニット教授 田端 太
2011年9月
経済学部
明石と神戸を活性化 「観光まちづくり」の仕掛け人 経済学部教授 角村 正博
2011年7月
法学部
岡田豊基 学長就任1年を振り返って
2011年6月
法学部
江戸時代における裁判制度の実際の姿とは− お裁きの真実を追究 法学部准教授 和仁 かや
■ 2010年度 in Focus
2011年2月
卒業生・職員等
ボランティアで対人関係を学び「きずな」や「コミュニティ」を作る能力を身につけてほしい
学生支援グループ・ボランティア活動支援室 川口 謙造
2011年1月
総合リハビリテーション学部
工学技術の視点から福祉機器開発の可能性を探り、臨床や使用者の生活に役立てたい
総合リハビリテーション学部教授 中川 昭夫
2010年12月
栄養学部
独自の「そば学」を追究し、日本人が長く健康に生きられる食文化を提唱したい
栄養学部教授 池田 清和
2010年11月
薬学部
「痛みからの解放」と「薬剤師育成」 これが私のライフワーク 薬学部教授 徳山 尚吾
2010年10月
人文学部
子どもたちの発達環境として必要な、「ギャングエイジ」の復活を願う
人文学部人間心理学科教授 小石 寛文
2010年9月
法学部
神戸学院大学で過ごす時間は 将来へのビッグチャンス 学長 法学部教授 岡田 豊基
2010年7月
法学部
岡田 豊基 新学長就任の挨拶
2010年6月
薬学部
コエンザイムQ10が社会の中で正しく使われるためにサポート
薬学部・社会薬学部門・生化学研究室 ライフサイエンス産学連携研究センター 教授 岡本 正志
2010年4月
総合リハビリテーション学部
地域福祉は福祉の中核を担い 社会変革を促す力になる
総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 准教授 藤井 博志
2010年4月
薬学部
2010年度 神戸学院大学入学式 学長 岡田 芳男
■ 2009年度 in Focus
2010年3月
薬学部
2009年度 神戸学院大学学位記授与式 学長 岡田 芳男
2010年2月
卒業生・職員等
Be human before being a tennis champion! 神戸学院大学テニス部総監督 大西 哲夫
2010年1月
総合リハビリテーション学部
これからのリハビリテーションや介護はどうあるべきか・・・ 高齢社会の日本が抱える課題に、真正面から取り組む 総合リハビリテーション学部医療リハビリテーション学科 准教授 備酒 伸彦
2009年12月
現代社会学部
世界の笑顔のために自分たちができること 学際教育機構 防災・社会貢献ユニット教員 船木 伸江
2009年11月
人文学部
トイレから、人間の文化が見えてくる 人文学部人文学科 教授 水本 浩典
2009年10月
人文学部
人類学の視点で平等主義を研究 人文学部人文学科 教授 寺嶋 秀明
2009年9月
人文学部
「社会参加する心理学」をモットーに、心理臨床カウンセリングセンター長として地域の人とこころをサポートする 人文学部人間心理学科 教授 心理臨床カウンセリングセンター長
日 正宏
2009年9月
経営学部
経済理論をベースに、地域経済振興の切り札“観光”の未来を考える
経営学部教授 石川 修一
2009年7月
経済学部
大学教授兼企業の社外取締役として、理論を実践に反映させながら“大人の学問”経済学を追究
経済学部教授 竹治 康公
2009年6月
総合リハビリテーション学部
さまざまな分野の手法を自由に組み合わせ運動や行動のパターンを生み出す脳と心のメカニズムを探究
総合リハビリテーション学部 医療リハビリテーション学科 理学療法学専攻 准教授 坂本 年将
■ 2008年度 in Focus
2009年3月
人文学部
心の問題に脳からアプローチし最新の心理学を追及する“ポジティブ”なサイコロジスト
人文学部 人間心理学科 大学院人間文化学研究科心理学専攻 准教授 石ア 淳一
2009年1月
薬学部
“薬学の殻”を突き破れ― 熱血教員が語る、多様な社会との交流のススメ
薬学部 准教授 井口 伸
2008年10月
経営学部
新サービスの開発と、ユーザーの意識開発との両輪で“ケータイ”の可能性をとことん追求
経営学部 准教授 小川 賢
2008年7月
経済学部
急速な発展の裏にある光と影とは― 精力的に現地に出向き現代中国を鋭く読み解く
経済学部国際経済学科 准教授 梶谷 懐
2008年4月
栄養学部
膨大な論文を発表し続け 抗がん・抗炎症物質を探し求める若きフロントランナー
栄養学部准教授 水品 善之
■ 2007年度 in Focus
2008年3月
法学部
法のあり方を検証し続けることこそ、研究者としての使命
法学部法律学科 准教授 春日 勉
2007年11月
栄養学部
血栓と食の関係を解明し、実践的な研究活動を展開
栄養学部 教授 山本順一郎
2007年10月
総合リハビリテーション学部
人間を探求し、道具を研究し、技術を追求する 作業療法の第一人者
総合リハビリテーション学部 医療リハビリテーション学科 教授 古田 恒輔
2007年6月
人文学部
女性演劇「越劇(えつげき)」を中心に、新しい中国をジェンダーという視点から探求
人文学部教授 中山 文
2007年5月
法学部
奥深い研究、幅広い活動 情熱あふれる若き法学博士かく語りき
法学部准教授 西原 慎治
ページトップへ