神戸学院のルーツを探る

本学の設置母体の学校法人神戸学院は、校祖・森わさが、1912年、日本婦人本来の美徳を身につけた女性の育成を志し、8人の生徒からなる私立森裁縫女学校を創立したことに始まります。
森わさは、創立にあたり、「報恩感謝・自治勤労」を校訓として掲げ、恩謝の情操を陶冶し、勤労奉仕の精神を振興して、自主独立の生活ができる人間を育成しようとしました。校訓に込められた森わさの思いは脈々と受け継がれ、1966年、森茂樹を初代学長として神戸学院大学が開学されました。日本初となる男女共学の栄養学部でスタートを切り、55周年を迎えたいま、改めて神戸学院大学のルーツを探ってみましょう。

大学のあゆみ

大学のあゆみ

1966年(昭和41年)、神戸市垂水区(現在の西区)伊川谷町有瀬の地で、神戸学院大学は開学しました。日本初となる男女共学の栄養学部に始まり、その後9学部が増設され、ポートアイランド・有瀬の2キャンパスで10学部8研究科を擁する神戸市最大の私立総合大学に発展しました。
神戸学院大学のあゆみを年表で振り返ります。

Read More

未来50年 -神戸学院大学が進むべき道筋-

未来50年 -神戸学院大学が進むべき道筋-

「真理愛好・個性尊重」を見学の精神に掲げ、神戸学院大学は1966年に開学しました。 2016年には創立50周年を迎えました。
神戸学院大学は今後ますます地域・社会に貢献できる人材育成を目指していきます。

Read More

学校法人神戸学院 創立100周年記念

学校法人神戸学院 創立100年宣言

学校法人神戸学院は、校祖・森わさが、1912年(明治45年)、神戸市兵庫区五宮町の地に8人の生徒からなる私立森裁縫女学校を創立したことに始まります。
創立100周年のあゆみを振り返るとともに、学校法人神戸学院が目指す方向を明示し、新たな100年にむけてあゆみ始める決意を表明します。

Read More

森茂樹物語

森茂樹物語

神戸学院大学の創設者であり初代学長の森茂樹の生い立ちから、大学の創立に纏わるエピソードや先生が残された多大な功績、そして建学の精神「真理愛好、個性尊重」の教えなど、森茂樹の生涯の物語として紹介します。

Read More

学内歴史探訪問 -遺構編-

学内歴史探訪 -遺構編-

神戸学院大学の学内にある気になる「モノ」。いつからあるのか、それにはどんな歴史的背景があるのか、またどのように変わったのか・・・
今回の企画は「モノ」にスポットを当て当時を振り返るとともに教育の歴史を探ります。皆さんが知っている歴史的なスポットもエピソードとともに募集中です。

Read More

自校の歴史から学ぶ月間

自校の歴史から学ぶ月間

自校教育の一環として12月を『神戸学院大学の歴史から学ぶ月間』としました。
自校の歴史から学ぶ月間の特別企画として『森茂樹物語』感想文コンテストを実施。受賞作品および受賞者を発表しています。
ぜひご覧ください。

Read More