神戸学院大学

現代社会学部
Faculty of Contemporary Social Studies

街が抱える課題に対して自ら解決策を考え、
社会を動かす力を養成

学部長からのメッセージ

学部長 中村 恵 教授
学部長
中村 恵 教授

私たちは社会の中で生きています。家族、学校、企業、行政、そして地域。私たちが個人としてどのように暮らしていくかは、意識するかしないかに関わらず、こうした社会の営みと実は大きく関係しています。
社会は、生活という観点から考えると、経済や法律そしてそれにのっとった行政によって形成されています。しかし、そうした社会の時間的経過は歴史や文化を創り出しており、それらが、場合によっては慣習となって、私たちの生活に色彩を与え、肉付けていることがしばしばです。
現代社会学部は、こうした多様な側面からなる現代社会を、学問の枠を超えて実践的に学ぶ学部です。その学びの最大の特徴は、(1)キャンパス内にとどまらず、街の中にも学習の場を求め、(2)少人数教育の利点を生かした課題解決型アクティブ・ラーニングを積極的に展開する点です。
東日本大震災からの復興過程でも明らかとなっているように、多様で複雑な課題を多く抱える現代社会では、それらを多くの角度から観察・分析し、具体的な解決策を提案できる人材がますます必要とされています。現代社会学部は、まさにそうした社会的要請にこたえる人材を育成する未来志向の学部です。一緒に「現代社会」の実際を学びましょう。

現代社会学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(5) 現代社会学部の目的は、グローバルな視野と社会貢献マインドの育成を図りながら、理論と実践双方で得られた智慧を地域の中で応用・展開できる人材の育成を目指すこととし、学科ごとの目的については次のとおりとする。

ア 現代社会学科の目的は、地域社会のありようを、学際的アプローチを通じて多面的総合的に把握し、分析できる人材の育成を目指すこととする。

イ 社会防災学科の目的は、社会に貢献するマインドと能力を持った人材及び防災と社会貢献に関する専門的知識を身につけた人材の育成を目指すこととする。

現代社会学科の教育目標・方針

現代社会学部 関連情報

現代社会学部 マナバ