1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 薬学部

薬学部

薬学部オリジナルサイト

薬学部
オリジナルサイト

ここがポイント!

薬学科

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)
(目的)
第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(7) 薬学部薬学科の目的は、医療人としての薬剤師に必要な知識及び技術を修得させ、社会の求める医療のニーズに応えうる問題解決能力を持つた学士(薬学)の育成を行うとともに、高度の専門知識技能を持つた薬剤師の養成を行うこととする。

学部概要

取得資格・将来の進路

取得できる資格
薬剤師国家試験受験資格、医薬部外品・化粧品・医療機器の製造所の責任技術者、大気第2種・水質第2種・3種公害防止管理者 など
進路
地域社会でのコンサルタント型薬剤師、製薬会社で新薬開発に携わる研究職、医師に学術的情報を提供する医薬情報担当者(MR)、研究機関で研究に携わる、公務員 など

求める学生像(アドミッション・ポリシーより)

  • 人を思いやる心と協調性を持ち、何事にも積極的に取り組もうとする人。
  • 自然科学への強い関心と探究する心を持ち、その真理を解き明かす努力をしようとする人。
  • 高校での学習に前向きに取り組み、そこで得た基礎学力を大学で発展させようとする人。
  • 薬剤師の資格を得て、医療活動や健康増進に国内外で貢献しようとする人。

卒業までに身につけるべき能力

教育課程編成・実施の方針

Student's Voice

佐々木 純

佐々木 純 薬学科 6年次生
※2016年3月時点の年次です。
島根・県立浜田高校出身

患者さんの心と体がサポートできる薬剤師をめざす

私の所属している研究室では薬効の評価のために脈や血圧を測るなど、調剤以外のケアもできるよう取り組んでいます。薬局実習では事前に患者さんの症状などを調べて、実際の在宅医療に参加。むくみのチェックや血圧測定などを行いました。在宅医療では、患者さんとの何気ない会話から、体調を知ることが重要です。入学当初は目標がはっきりしていませんでしたが、今は患者さんに安心を与えられる薬剤師になりたいと思うように。薬を出すだけでない、体の調子と向き合いながら、精神的な面も支えることができる薬剤師になりたいです。

Focus

岸本 修一 准教授

岸本 修一 准教授
熊本大学大学院薬学研究科医療薬科学修士課程修了。博士(薬学)。主にがん治療薬の研究を行っている。

抗がん剤の研究を通じて薬剤師としての訓練を

少ない副作用で有効性を高める抗がん剤の使い方を研究しています。例えば、薬を効かせたい場所で作用させたり、細胞の機能を調整することで効果を増強する技術などを開発。学生とは研究データが意味する可能性を議論し、次の研究プランを考えてもらいます。これは医療現場で患者さんの治療プランを決める流れと同じ。研究を将来の訓練と捉え、薬の専門家として医療の最前線に立つ覚悟を持ってほしいです。

高い資質を持った薬剤師を

ページトップへ