1. 神戸学院大学
  2. 学部・大学院
  3. 栄養学部

栄養学部

栄養学部オリジナルサイト

栄養学部
オリジナルサイト

ここがポイント!

栄養学科

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)
(目的)
第2条の6  第2条に規定する各学部、学科又は専攻における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(6) 栄養学部栄養学科の目的は、栄養学についての総合的な知識及び技術を修得し、それを実社会において実践できる学士(栄養学)の育成を目指すとともに、優れた管理栄養士を養成することと、栄養学的な視点から健康の維持増進に貢献できる臨床検査技師及び栄養教諭を養成することとする。

学部概要

取得資格・将来の進路

取得できる資格
管理栄養士国家試験受験資格、栄養士、臨床検査技師国家試験受験資格、栄養教諭一種免許、食品衛生監視員(任用資格)、食品衛生管理者(任用資格)
進路
病院や施設などの管理栄養士、臨床検査技師、食品メーカーの新商品開発担当、子どもの偏食や摂食障がいなどの治療スタッフ など

求める学生像(アドミッション・ポリシーより)

  • 食べ物と健康に科学的な関心を持ち、そのための学習に必要な基礎学力(英語、化学、生物、数学、国語)を持つ人。
  • 自らあたらしい課題を見つけ挑戦し、よりよい食生活の改善に意欲を持つ人。
  • 将来は、管理栄養士の資格を活用して、人々の健康維持増進に貢献しようとする人。

※2016年度入学生から以下のように変更になります

  • 健康や医療に科学的な関心を持ち、そのための学習に必要な基礎学力を持つ人
  • 自らあたらしい課題を見つけ挑戦し、健康保持増進に意欲を持つ人
  • 将来は、管理栄養士または臨床検査技師の資格を活用し、社会に貢献しようとする人

注)基礎学力とは、英語、化学、生物、数学、国語の教科である。

卒業までに身につけるべき能力

教育課程編成・実施の方針

Student's Voice

窪田 葉

窪田 葉 栄養学科 3年次生
※2014年3月時点の年次です。
東京・都立駒場高校出身

管理栄養士と臨床検査技師の同時取得でめざす医療現場への夢。

家族の入院がきっかけで、病院で働く専門職に憧れを抱くようになりました。そこで、管理栄養士と臨床検査技師の2資格取得がめざせる神戸学院大学へ。私は人体に関わる学問が好きなので、臨床医学総論や臨床血液学など、医学系の授業が充実しているのが嬉しいですね。実験もほぼ毎日あるのでやりがいがあります。また、共通教育科目として、他学部の科目を履修できるのは総合大学ならでは。経済や外国文化、英語などの講義を受講しました。人見知りが激しかった私ですが、学部を越えた友だちがたくさんできたことで、人間的にも成長することができました。

Focus

森 光寿 准教授

森 光寿 准教授
1970年神戸学院大学栄養学部卒業。管理栄養士。1981年神戸大学にて医学博士取得。
誰もが持つ「食べる楽しみ」を伝えていくことも目標。

給食での大量調理のノウハウと管理栄養士の責任を学びます。

病院や事務所など特定給食施設では、一度に何百人、何千人分の大量調理を行います。まず献立を作成し、食材を用意しますが、数が多い分、たった1円の差でも経費は膨大になるため、良質で安価な食材を調達することが必要です。また最近はどの施設でも効率的で安全性の高い調理をするため最新の機器を導入しています。そして、大量調理での最重要点が衛生管理。手洗いを怠ったなど小さなミスが食中毒を発生させ、大量感染につながってしまうからです。つまり給食には調理学、食品加工学、微生物学、食品衛生学、経営学などあらゆる知識の活用が必要となってきます。本学でも最新の機器を用いて、給食経営に関する講義・実習を行っており、学生には管理栄養士とは人の命に関わる高度な専門職であることも自覚して学んでほしいと思っています。

森 光寿 准教授

ページトップへ