お知らせ

女子駅伝競走部の若井さん、大樽さん、大畠さんが入賞しました

2016/11/21

女子の入賞者表彰式。8人のうち女子駅伝競走部が3人を占めました
女子の入賞者表彰式。8人のうち女子駅伝競走部が3人を占めました
西本理事長、佐藤学長らと記念撮影
西本理事長、佐藤学長らと記念撮影
3位になった若井さんのフィニッシュ
3位になった若井さんのフィニッシュ
快調に飛ばす大畠さんと大樽さん(神戸中央郵便局付近で)
快調に飛ばす大畠さんと大樽さん(神戸中央郵便局付近で)

第6回神戸マラソンが20日あり、マラソン初出場の若井未央さん(人文学部1年次生)が2時間42分56秒のタイムで3位になるなど、昨年に続いて本学の女子駅伝競走部員3人が入賞を果たしました。若井さんは、右足の甲部分に痛みがあり出場するかどうか迷っていましたが、「せっかく練習してきたから走りたい」と出場しました。女子の部優勝は、ケニア選手。若井さんと日本人1位の招待選手とはわずか1秒差でしたが、若井さんは招待選手ではなく、スタート地点でタイムロスがあるため、初マラソンながら招待選手を上回るペースの走りを見せました。
また、大樽瑞葉さんが昨年と同じく4位(2時間46分52秒)。大畠万由子さんも6位(2時間51分35秒)となり3年連続入賞を果たしました。シード枠で出場した松浦真里奈さんは9位で、惜しくも入賞を逃しました。なお、昨年大会で優勝した杉谷優衣さんは、左足、足底筋膜炎のため欠場しました。
ゴール付近では西本誠實理事長、佐藤雅美学長、松本史朗事務局長が早くから待機。入賞した選手らを労いました。
今年も本学は600人以上の学生がボランティアを務め、大会を支えました。

お知らせ 一覧へ