特別イベント

2016年度開催のイベントはこちら 2015年度開催のイベントはこちら 2014年度開催のイベントはこちら

2017.5.3(水・祝)
神戸学院サイエンスLab. ~おもしろ科学実験!!~

<実験MENU>
1.人工イクラのスノードームづくり!
2.二層のオブジェ
3.石鹸の結晶を見てみよう!
当日の様子はこちら

神戸学院サイエンスLab. ~おもしろ科学実験!!~
「なぜ?」「どうして?」私たちを取り巻く環境(世界)には、たくさんの「ふしぎ」が存在します。 昨年12月に開催し大好評だった「神戸学院サイエンスLab.」が帰ってきました。今回は、GW特別企画として、こどもたちの好奇心の扉を開く3つの「おもしろ科学実験」を実施します。

薬学部 2年次生 阿部和也(科学クラブ)
定期的に開催している「神戸学院サイエンスLab」。今回も、「人工イクラでスノードームづくり!」をはじめとした科学実験を子どもたちと一緒に行いました。科学クラブに入ってから初めて任されたイベントリーダーの仕事だったため、イベントで行う実験内容を考えるところから開催当日まで、悩みや不安がありました。しかし、周りの人の協力や助けもあり、結果的にはとても良いイベントにすることができたのではないかと感じました。
実験としては、恒例の「人工イクラでスノードームづくり!」を5月らしく鯉のぼり仕様にアレンジしたものの他に、比重の違う水と油を使用した振っても振っても決して混ざり合うことのない「二層のオブジェ」。それと、液体石けんに食塩水を加えることで起こる塩析反応を利用して、石けんの結晶をモコモコッと作ることができる「石鹸の結晶を見てみよう!」の2つを新たに行いました。どの実験も見ても楽しい、やっても楽しいものとなっており、こどもたちや保護者の方とともに楽しんでもらえたと思います。実験に使用している材料は水や油、石けんなど、私たちにとって身近なものであり、やってみると簡単なことなのに、「なぜこうなるんだろう」と考えてみると意外にわからない。科学クラブが担当する「神戸学院サイエンスLab」では、そういった不思議や疑問に触れながら楽しめる実験を行っています。今後もこのようなイベントを実施していきたいと思いますので、今までのイベントに参加してくださった方はもちろん、まだ参加したことはないが興味があるという方は、ぜひ一度ご参加ください。