本文へスキップ

地域研究センターの紹介


 
大学と地域をつなぐ地域研究センター

 神戸学院大学は、地域の住民・産業界と共に進化する大学を目指すことを大学憲章に掲げています。神戸学院大学地域研究センターはこの理念に沿って設立され、これまで文部科学省学術フロンティア推進事業による「阪神・淡路大震災後の地域社会との共生をめざした大学の新しい役割に関する実践的研究」(2002〜2009年度)、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業による「地域力再発見をめざす大学と地域との連携・協働による実践的研究」(2011〜2013年度)を実施してきました。現在はその過程で培われた大学と地域との協働・連携の絆を生かして、地域研究長田センターを中心とした神戸市長田エリアにおける地震防災・まちづくり支援活動、地域研究センター明石ハウスを中心とした明石エリアにおける文化・芸能・民俗の保存・活性化、などのさまざまな活動を展開しています。


明石グループ 
 明石グループは有瀬キャンパスに隣接する地域社会で、地域と大学の協働を模索する研究を学生を交えて行っています。具体的には明石市とその隣接する地域ー淡路島、加古川市などで、自然文化、歴史などの地域の魅力を再発見し、地域資源として確立をめざします。そしてそれらを地域外へ広く発信することによって、高齢者に生きがいを与え、若者に地域のよさを認識させ、地域の活性化に貢献することを試みています。また、研究・交流拠点「明石ハウス」を設け、さまざまな勉強会やイベントを開催しています。

テーマ1「文化資源の再発見やまちづくりへの参加」

地域と大学の研究・交流拠点「明石ハウス」
 「明石ハウス」は、明石市大蔵八幡町にある古民家を活用した拠点です。ここでは「大蔵谷ヒューマンサイエンスカフェ」を開催し、地域の方々に情報を発信しています。

<大蔵谷ヒューマンサイエンスカフェの実績>
2015年度
第1回 「子どもたちはどのように学習しているのか?−狩猟採集民の研究から考える―」
    講師:寺嶋秀明(人文学部・教授)  日時:2015年10月21日(水)
第2回 「早世の天才詩人ジョン・キーツの話」
    講師:長谷川弘基(人文学部・教授) 日時:2015年11月25日(水)
第3回 「中崎まちづくりの会歴史・文化部会勉強会」
    講師:伊藤一氏・濱脇信也氏     日時:2015年12月23日(水)
第4回 「日本の暦の数理」
    講師:乾幸雄(人文学部・准教授)  日時:2016年1月27日(水)
第5回 「パラオの子どもたちの日本植民地経験」
    講師:三田牧(人文学部・准教授)  日時:2016年2月12日(金)

2016年度
第1回 「イスラムの合理性」
    講師:松井吉康(人文学部・講師)  日時:2016年6月22日(水)
第2回 「あのころの海岸風景−大蔵地域のくらしと海岸線の変化から−」
    講師:谷口恵太(人文学部・4年生) 日時:2016年7月18日(木)
第3回 「古民家は本当に住みにくい?−室内熱環境と住まい方から考える―」
    講師:福島あずさ(人文学部・講師) 日時:2016年10月20日(木)
第4回 「企業の森の取り組みと地域社会」  
    講師:矢嶋 巌(人文学部・准教授) 日時:2016年11月9日(水)
第5回 「やる気とか元気が出る『えんぴつポスター』の話」
    講師:金 益見(人文学部・講師)  日時:2017年1月11日(水)
第6回 「今、作られる音楽」
    講師:宇野文夫(人文学部・教授)  日時:2017年2月22日(水)

2017年度
第1回 「男女の話し方の違いはなぜ生じるのか」
    講師:出水孝典(人文学部・教授)  日時:2017年6月14日(水)
第2回 「明治大正時代の映画館」
    講師:上田 学(人文学部・准教授) 日時:2017年8月2日(水)
第3回 「グローバル・ヒストリーで読み解く世界史」
    講師:北村 厚(人文学部・准教授) 日時:2017年11月1日(水)
第4回 「神になった人麻呂−鎌倉・室町時代の和歌秘伝−」
    講師:中村健史(人文学部・准教授) 日時:2017年11月29日(水)
第5回 「アタシノアカシ@−新年明石伝説物語」
    中山ゼミ2回生            日時:2018年1月29日(月)
第6回 「近代劇と女優ー貞奴と須磨子を手がかりに−」
    講師:伊藤 茂(人文学部・教授)  日時:2018年2月21日(水)

文化資源の発掘と活性化
 明石市は歴史も古く、豊かな自然環境や伝統文化に恵まれた魅力的な地域です。しかし、その魅力が地域において十分に認識されているとは言い難い状況です。そこで、伝統文化が地域においてどのような役割を果たしているのか、またどのような課題に直面しているのかを調査・研究するため、稲爪神社(明石市大蔵本町)の秋例大祭に学生たちが参加し行事全体の参与観察を行い、地域資源のついて研究を行うとともに、献灯屋台や女衆御輿を担いで伝統文化行事を学んでいます。(寺嶋・早木・鹿島・三田・矢嶋・福島ほか)
連携先:稲爪神社、大蔵谷獅子舞保存会、大蔵谷西之組獅子舞保存会、明石市中崎まちづくりの会ほ
 
アクティブラーニングで地域を活性化
 地域研究センター研究では、協働している稲爪神社(明石市大蔵本町)において、2011年度から正月写真展、2013年度から夏祭写真展をそれぞれ開催しています。ここでは人文学部人文学科の専攻演習の一環で、大蔵地域において学生が撮影した四季折々の祭事や地域の人々、街の風景の作品を、教員が撮影した作品とともに展示しています。写真展を開催することに加え、大蔵地域のアーカイヴとして写真記録が蓄積されていくことに期待が寄せられています。(三田・矢嶋)
連携先:稲爪神社、稲爪神輿青年団、大蔵谷獅子舞保存会、大蔵谷西之組獅子舞保存会ほか

テーマ2「伝統民俗文化や地場産業の地域との協働研究」

都市近郊農村における価値の再発見と持続のためのアクティブラーニング研究
 
地域研究センターでは、都市近郊農村の価値を再発見して、将来にわたる持続を考えることを目的とした地域との協働研究を2011年度から実施しています。その一環として、2017年度の人文学部人文学科地域社会専攻演習U・Vでは、加古川市西部地域とその周辺における農村において、学生による住民や事業所、地域団体に対する聞き取り調査を中心としたフィールドワークをアクティブラーニング研究として実施しています。
 2017年度の人文学部人文学科地域社会専攻演習U・Vでは、加古川市西部地域の農村地帯において、溜池と里山をつなぐウォーキング回廊を構想することとして合宿調査を行い、学生がビューポイントとなる自然・農業景観、史跡や、公共施設・小売店・飲食店などウォーキングのためのインフラについての現地確認と、町内会長や各種地域団体、飲食店、公共施設担当者への聞き取り調査を分担して行いました。その結果をもとに研究報告書とウォーキングマップを作成し、地域に報告しました。学生は地域社会やビジネスの現場を知るとともに、プロジェクトチーム形式の研究を通じて、地域調査の手法を実践的に学びます。(矢嶋)
連携先:加古川市天下原・神吉・富木・宮前町内会、加古川ウエルネスパーク、兵庫県東播磨ビジョン委員会、兵庫県東播磨県民局


地域研究長田センター
 2016年度、長田区新長田地区の地蔵さん調査を踏まえて、本年度は学生たちと「長田地蔵さんプロジェクト」を結成し、特に22年前の阪神・淡路大震災の影響を視座に置きながら活動をしてきました。震災の影響と復興事業が与えた地域の地蔵信仰へのダメージを浮き彫りにすることができました。そして、神戸市・明石市・高砂市と調査域を拡大する拠点として長田センターが大きな役割を果たしました。また、長田センターのスタッフ・福島は「まちの文化祭」において、「わかりやすい気象を考える」をテーマに展示発表をしました。(水本・福島)


研究スタッフ

センター長    早木 仁成(人文学部教授) 地域社会と大学の連携に関する研究

主な参加研究者  大塚 成昭(人文学部・教授) 環境保護・防災意識啓発活動に関する研究
         立田 慶裕(人文学部・教授) 地域における学習支援の教育方法に関する研究
         寺嶋 秀明(人文学部・教授) 文化資源としての自然環境育成に関する研究
         中山 文 (人文学部・教授) 地域の演劇文化振興に関する研究
         水本 浩典(人文学部・教授) 激震地長田区の震災資料保存に関する研究
         上田 学 (人文学部・准教授)地域の映像文化保存に関する研究
         鹿島 基彦(人文学部・准教授)粉もん食文化形成の自然環境要因に関する研究
         中村 健史(人文学部・准教授)明石に関する国文学作品の研究
         三田 牧 (人文学部・准教授)地域の記憶継承に関する研究
         矢嶋 巌 (人文学部・准教授)地域の環境や社会の持続に関する研究
         福島あずさ(人文学部・講師) 気象環境教育や快適な住まい方に関する研究