HOME > 事業概要 > ごあいさつ

ごあいさつ

ポーアイ4大学 連携推進センター センター長 中山 久憲(写真)

ポーアイ4大学 連携推進センター センター長

中山 久憲

 神戸市中央区のポートアイランドに立地する神戸学院大学、神戸女子大学、兵庫医療大学、神戸女子短期大学の4大学は、2008年に文部科学省「戦略的大学連携支援事業」の補助を受け、ポーアイ4大学による連携事業を 開始いたしました。4大学間の協力体制を形成するとともに、ポートアイランドの住民の方々や企業・自治体と活発な交流を展開し、地域に根ざす大学群としての基盤を形成してまいりました。
 これからは、人材育成や研究活動に加え、開かれた大学としての役割が期待されています。ポートアイランドにキャンパスを持つ大学が互いに手をたずさえ、それぞれの個性や特色を活かしながら協力し、相互に教育研究資源を有効活用することは、“知の拠点づくり”を展開する上でとても重要になります。教育、研究、学生支援、社会貢献、そして生涯学習の各分野において、より一層の成熟した大学間連携・地域連携を展開していく所存です。

神戸学院大学 学長 佐藤 雅美(画像)

神戸学院大学 学長

佐藤 雅美

 2008(平成20)年10月に始動致しました「ポーアイ4大学による連携事業-安全・安心・健康のための総合プログラムを軸として-」(文部科学省「戦略的大学連携支援事業」)により、ポートアイランド4大学が広く連携し、共同事業を展開して参りました。少子高齢化やグローバル化の中にあって、大学の質や社会における役割が大きく変化しております。これまで、ポートアイランドにおいて近接する4大学が、地の利を生かして、そしてタイプの異なる大学が連携する強みを生かして、様々な形で相互補完的に事業を展開し、学生の教育や地域社会に貢献して参りました。
 今後も、図書館の相互利用や教養科目の共同開催・単位互換などにとどまることなく、入試広報・学生支援・就職支援など教育・研究プログラムと組織的連携をさらに推進するとともに、防災・減災や健康分野において地域社会への貢献を促進してまいりたいと考えております。
 連携事業は一過性のものではなく、持続的なものであってこそ、その価値を高め、地域社会への継続的な貢献が可能になります。その意味におきましても、持続可能な連携組織や連携プログラムを構築する必要があるものと考えております。

神戸女子大学・神戸女子短期大学 学長 中島 實(写真)

神戸女子大学 学長

中島 實

 神戸の地において、ポートアイランド地区は開発からすでに30年の歴史を持つに至りましたが、近年、再び脚光を浴びる地域となりつつあります。第1期地区に加え、南に位置する第2期地区には、病院、研究所などの公的施設、企業などが新たに進出しています。この地に、緑あって4つの大学が隣接する形で集結することとなり、ポーアイキャンパスで学ぶ学生は、さらに今後も増加する予定にあると聞き及びます。
 この地にあって、ポーアイ4大学は連携をなす各大学独自の特色や個性を発揮しながらも、互いに隣接地にある利点を生かしながら、単独大学のみの立地によっては望み得ない相互連携による波及的効果を得る条件に恵まれております。
  これまで、すでに文部科学省の連携支援事業を機に、多くの連携事業が着手され、今日も多種多彩な拡がりを見せております。神戸女子大学は、特に健康推進プロジェクトの一端を担い、本学の特色である食育、栄養、健康、福祉などの部門でさまざまな活動を展開してきました。今後も、本学の特徴を生かしながら、ポーアイ4大学連携、地域連携に積極的に関わって参りたいと考えています。

兵庫医療大学 学長 馬場 明道(写真)

兵庫医療大学 学長

馬場 明道

 ポーアイ4大学連携事業のなかで、兵庫医療大学はポーアイ健康・生活支援ステーションの基地となり、種々の企画を担当してきました。平成20年と21年度は、介護予防・生きがい作りを応援する「ポーアイ65歳大学(作業療法学科担当)」と「高齢者を介護する人のための支援(看護学部担当、21年度以降は神戸女子大学、同短期大学と協同)」を中心に進めてきました。現在では、65歳大学は各年度2コースで合計430人以上、介護支援もこれまで16回の実施で、延べ680人ほどが集まり、地域の方に喜んで頂きました。その他、学術講演、ワークショップ、公開講座など多彩な企画で5年間が過ぎました。
 22年度は文部科学省からの補助金支援事業としては最終年でした。さらに継続的な展開として23年以降も引き続き健康的な生活とその支援、というコンセプトのもとで、「ポーアイ65歳大学」「高齢者を介護する人のための支援」「花倶楽部」「医療デザインワークショップ」「HIV講演会」の開催や「禁煙キャンパス地区を目指した禁煙支援活動の実践」などが走っています。今後とも大学連携での新たな展開や地域貢献ができればと考えています。

 

神戸女子短期大学 学長 長瀬 荘一(画像)

神戸女子短期大学 学長

長瀬 荘一

 神戸のポートアイランドは、文部科学省指定の戦略的大学連携支援事業「ポーアイ4大学による連携事業―安全・安心・健康のための総合プログラムを軸として―」を契機にして、今多くの大学生が行き交う新キャンパスゾーンとして発展しています。ポーアイ4大学連携事業は、学生にとって共通教養科目の開設や図書館の共同利用など学修を深める利点が大きく、その一方で、ポーアイ防災推進プロジェクトやポーアイ健康推進プロジェクトなど、各大学固有の専門性と4大学連携のスケールメリットを活かした幅広い地域貢献を果たしています。
 神戸女子短期大学は、4大学のなかで最も早くポートアイランドに移転した歴史的経緯から地域との関係が密接で、保育園児が栄養士養成の専門施設で調理体験をする食育推進の一環としての「子ども料理教室」や高齢化が進む地域のシルバーエイジの皆さんを対象にした「男性のための料理教室」など、永年に亘って地域貢献に取り組んできましたが、4大学連携を機に連携行事として発展させてきました。この他にも本学は、同一学校法人である神戸女子大学と共に神戸市中央区との間に連携協定を締結するなど、兵庫県や神戸市など地域自治体と連携を密にした様々な取組を行っています。
 神戸のポートアイランド地区には、今後も新しい大学の移転が予定されていることから、学問研究や学生交流がシナジー効果によって一段と活性化し、将来は全国有数の大学連携キャンパスゾーンになるものと期待しています。

 

このページのトップへ