HOME > 9/17 公開講座 「脳卒中予防~生活の中の工夫~」を開催しました

実施日: 健康・生活

9/17 公開講座 「脳卒中予防~生活の中の工夫~」を開催しました

(画像)

9月17日(土)14時から兵庫医療大学にて公開講座「脳卒中予防~生活の中の工夫~」を開催し、66名の方にご参加いただきました。
(講師: 兵庫医療大学看護学部 
鈴木 千枝 講師)

(画像)

皆さま、脳卒中を予防するための知識は、メディアや書籍などから既にお持ちではないでしょうか。脳卒中を予防するには、知識を得るだけでなく、私たち一人ひとりが、自身の健康状態についてよく知り、考え、行動に移すことが大切です。では、「私自身」は生活のどの部分を改善すればよいのでしょうか。その予防対策は、一人ずつ異なります。そこで、今回の公開講座では、持病の管理や生活習慣など、実際にどの部分を見直せばよいのか、参加者の皆さまに個人ワークを行っていただき、一人ひとりに合った脳卒中予防対策を見つけることを目指しました。ご夫婦で参加された方々は、生活改善について、家族単位で話し合われていました。家族で病気の予防に取り組むことは、予防行動を継続する上でとても有効です。
「備えあれば患いなし」皆さまの健康管理に役立つことができれば幸いです。

参加者の方からは「生活リズムなどの記入したり、挙手したりと、お話を聞く以外の動作があり、興味のある講座でした。」「食事・運動・生活態度等、大変勉強になりました。」「生活に取り入れていきたいと思います。」などのご意見をいただきました。

戻る

このページのトップへ