神戸学院大学

学生チャレンジプロジェクト

学生チャレンジプロジェクトの活動報告会を開催しました

2019/02/06

 大学創立50周年を記念し、大学や地域の活性化、社会貢献につながる学生の主体的、自主的な取り組みを大学が支援する「学生チャレンジプロジェクト」の活動報告会が6日、ポートアイランドキャンパスであり、「はやしゼミ」の代表、双原彩佳さんら、採択されたチームが、取り組んだ内容や今後の課題などについて発表しました。同ゼミでは学生のリアルな声を届けるためにフリーペーパー「Catch」を制作。講義内容やゼミ紹介、大学周辺の店舗紹介等を掲載。本学の学生だけではなく、受験生や保護者等、多くの方に手に取って頂きました。
 今年度の学生チャレンジプログラムには学内から計17件の応募があり、選考の結果5団体が選ばれました。春藤久人副学長は講評で「どれも着目点がすばらしい。この貴重な体験を今後のみなさんの活動に存分に活かして頂きたい」と述べました。