神戸学院大学

大学院心理学研究科の設置について

神戸学院大学は、2019年4月に大学院人間文化学研究科心理学専攻修士課程 および人間行動論専攻博士後期課程行動発達論講座を改組し、心理学研究科を設置します。
本学は2008年の人間文化学研究科開設以来、広い視野を持ち高度の専門的知識と研究能力を備えた人材を養成し、心理学に対する社会の要請にこたえ、心理学の教育、研究を着実に発展させてまいりました。今後さらに2017年に施行された心理専門職の国家資格である公認心理師の社会的重要性を深く認識し、これまでの経験を生かし、国家資格を有する心理専門職による高度な心理支援を求める社会的要請に応えていきます。

研究科の特徴

公認心理師養成に特化

2017年9月に公認心理師法が施行され、心理専門職の初めての国家資格である公認心理師が誕生することとなりました。国家資格として心理専門職の職能と責務が明確化され、保健・医療をはじめ、教育、福祉、産業、司法など、幅広い現場での活躍が一層期待されます。本学では、このような社会的要請に応えられる確かな知識と能力を持つ人材の育成を実現するため、確実に公認心理師資格を取得できる力を身につけることを目指しています。

充実した実習体制

1年次の前期から2年次の後期まで、法律が定める学外実習時間を超える充実した学外実習を行う体制を整備しています。特に医療分野では、精神科と神経内科の双方での実習が体験できます。学内実習と学外実習を並行して行い、ケースに関する心理学的理解と支援の実践的技能を中心に、多職種連携や地域連携などを含めて、心理専門職の実践活動について必要なことを段階的かつ組織的に学修します。

国家資格試験への準備も意識したカリキュラム整備

公認心理師の受験資格を取得するには、多くの科目を履修しつつ450時間以上の実習に取り組まなければなりません。本学では、これまでの研究指導や臨床的な技能指導をより有機的に一体化させ、学内・学外実習の学修成果を活かして修士論文に結びつけるとともに、学部段階で学修した広範な心理学や関連の知識を国家資格試験に対応できるように教授していきます。

資格取得後の発展を見据えた博士後期課程の同時開設

公認心理師は「高度専門職業人」として医療機関や各種組織において、多職種と連携し、その指導的な役割を担うためには研究能力の涵養は必須です。多職種連携を円滑に推進するために必要である科学者として模索していく研究能力を育む「科学者—実践者モデル」に沿った人材育成には、博士後期課程の整備も不可欠となります。本学は、公認心理師養成及びその指導的人材の養成に資する心理学研究科を開設し、大学院の教育課程の再編成を速やかに行い、公認心理師の養成を開始します。

神戸学院大学大学院 心理学研究科の概要

●大学院研究科・専攻名等:
  心理学研究科 心理学専攻 修士課程   入学定員 18名
               博士後期課程 入学定員 2名
●取得学位:
  心理学研究科 心理学専攻 修士課程   修士(心理学)
               博士後期課程 博士(心理学)
●設置時期:2019年4月
●設置場所:有瀬キャンパス(神戸市西区伊川谷町有瀬518番)

心理学研究科 関連情報