神戸学院大学

経営学部の田中ゼミ生がオリジナルの「神戸メロンパン」を販売しました

2019/10/08

笑顔で販売する学生たち
笑顔で販売する学生たち
菊正宗の百黙純米吟醸を使用した「灘酒メロンパン」
菊正宗の百黙純米吟醸を使用した「灘酒メロンパン」
プロジェクトメンバー5人と田中康介教授
プロジェクトメンバー5人と田中康介教授
ニシカワパン加古川駅店でも販売されています
ニシカワパン加古川駅店でも販売されています

 10月5日に開催された第5回神戸パン祭りで、経営学部田中ゼミ3年次生の松田夢実さん、畑里瀬さん、伊賀梨沙さんら5人が「灘酒メロンパン」を販売しました。この商品は、7月に開催された「オリジナル神戸メロンパンコンテスト」で同学生が提案した企画を、ニシカワ食品株式会社とコンテスト主催者である生活共同組合コープこうべの協力の下、商品化したものです。ニシカワ食品は、同コンテストに審査員として参加しており、最終審査会で学生たちが作った試作品を評価し、商品化に向けて8月から改良をすすめてきました。コンテストで提案した企画は、神戸メロンパンの特徴である白餡との相性を考え、菊正宗酒造株式会社と連携し辛口の日本酒「百黙」を使用。まろやかさを出すために更に生クリームを追加し、米粉を生地に使用しました。日持ちや、時間の経過による衛生上(安全性)の課題がありましたが、改良を行い、国産小麦と米粉、「百黙」純米吟醸を使用した「灘酒メロンパン」が完成しました。
 神戸パン祭りでは、「メロンパンブース」として、同コンテストで入賞した育成調理師専門学校や神戸女子大学など他の団体と共に、提案したオリジナル神戸メロンパンを販売しました。11時の開場と同時に大勢のお客様で賑わい、用意していた「灘酒メロンパン」100個は約2時間で完売しました。
 「灘酒メロンパン」は1個300円。10月11日までニシカワパン加古川駅店(JR加古川駅構内)で限定販売しています。是非お買い求めください。