神戸学院大学

栄養学部生が新作おせち「五宴満福」の販売応援

2019/10/09

 栄養学部の学生と阪神百貨店、まねき食品(本社・兵庫県姫路市)が協力して作る魅力たっぷりのおせち「五宴満福(ごえんまんぷく)」の予約受け付けが始まりました。 
 同社とのコラボおせちは今年で3回目です。栄養学部3年次生8人が、小林麻貴助教の指導を受け、食材の「地域性」を重視して「兵庫五国」(但馬・丹波・摂津・播磨・淡路)の特産品を豊富に使ったおせち料理を完成させました。日本の伝統的な食文化を次世代に受け継ぐことの意義や、家族団欒で食事することの大切さを広く伝えたいとの思いも詰め込みました。「五宴満福」を囲んで家族が集まれば「幸福」が舞い込むこと間違いなしです。
 予約受け付け初日の10月6日、プロジェクトメンバーの宮野雪乃さん、岡本なつさん、大岡陽菜さんら5人が大阪市北区の阪神百貨店梅田本店8階の特設会場で「販売応援」を行いました。
 五宴満福は販売予定数250個、値段は2万4000円(税込)です。店頭での予約受け付けは12月25日まで(オンラインショップでの予約受け付けは12月21日まで)です。
 次回の学生による販売応援は、11月23日(土・祝)と24日(日)を予定しています。是非ご来店ください。