神戸学院大学

バレーボール部(女子)の2人が兵庫選抜で韓国遠征へ

2020/01/09

金元若奈さん(左)と長谷部美咲さん
金元若奈さん(左)と長谷部美咲さん

 バレーボール部(女子)の金元若奈さん(経営学部3年次生)と長谷部美咲さん(同)が兵庫県大学バレーボール連盟から2019年度の兵庫選抜海外遠征メンバーに選ばれ2月11~14日、韓国で練習試合などに臨みます。
 金元さんは滋賀短期大学附属高校出身で身長168センチのライトアタッカー、長谷部さんは大阪女子短期大学附属高校出身で同じく身長168センチのレフトアタッカーです。2人はチームの攻撃の要で関西バレーボール連盟の2部秋季リーグ優勝にも貢献しました。そろって明るい性格でムードメーカーにもなっています。いずれも「今から緊張していますが、韓国は初めてでとても楽しみ」だと言います。でも2人とも「辛い料理はちょっと苦手」です。
 兵庫選抜メンバーは首都ソウルから南へ約35キロにある世界遺産の城で有名な水原の市庁チームや地域の高校バレーボール部などと12、13両日、練習試合やゲームを行い、少しは観光も楽しむ予定です。遠征まで1カ月に迫り、2人は「正月休みで、なまった体を早く元に戻します」と話しています。